歯周病でお悩みなら、歯周病レーザー治療のウケデンタルオフィス

症例紹介

■40代女性、長期経過症例
初診2004年、審美障害と歯周病により来院されました。
口腔内には多くの不適切修復物が散見され、顎のずれも認められました。治療期間は1年で、下の写真は8年経過写真です。歯周病を治し、かみ合わせを正すことにより、長期的にも安定します。

●治療前

◎治療後