歯周病でお悩みなら、歯周病レーザー治療のウケデンタルオフィス

症例紹介

■50代女性、歯肉切除、セラミックスクラウン
前歯の審美障害を主訴に来院されました。部分矯正治療を行い、正しい歯のポジションを確立しレーザーにより歯肉切除、歯の大きさのバランスをとり、セラミッククラウンを装着しました、治療期間1年。

●治療前

◎治療後