ジルコニアインプラント

ヘッダ

チタンと金属アレルギー

通常、インプラントのフィクスチャー(あごの骨に埋入する部分)にはチタンが用いられます。これは、チタンには、生体に異物と認識されることなく(拒絶反応が起こることなく)しっかりと骨と結合するというインプラント治療に必要不可欠な性質を持つためです。さらに、チタン表面には酸化膜という薄い皮膜が存在することで、金属アレルギーの原因となる金属イオンが溶け出しにくく、体内に埋め込むという治療法にも適した素材であることも大きな理由です。

インプラントの構造

しかしながら近年、ごくまれにチタンに対して金属アレルギー反応を起こす方の存在が報告されています。極めてイオン化しにくいとされるチタンといえど、口腔内に存在する様々な要因を鑑みると、他の金属と同様にアレルゲンとなる可能性はゼロではないからです。

そこでチタンに代わる素材として、金属ではないジルコニアに注目が集まっています。
当院でも、金属アレルギーでお悩みの方のためにジルコニアセラミックインプラントを導入しています。

 

ジルコニアとは?

ジルコニアとは、人工ダイヤモンドに用いられるほど優れた強度、耐久性・耐熱性をもつセラミックで、審美的な美しさも兼ねそろえた素材です。これまでにもその特徴を活かして上部構造にも利用されてきました。

このジルコニアを骨に埋め込むフィクスチャーにも用いることで、金属アレルギーの心配が全くないインプラント治療が可能となります。
チタンと同等の高い生体親和性があるため、骨としっかりと結合します。

インプラントの歴史を振り返ると、サファイアなどの非金属の素材を用いたインプラントは試みられてきましたが、これらの素材は生体親和性に欠けるという根本的な問題がありました。骨との結合が起こらないため歯の動揺や耐久性の問題が相次ぎ、現在ではほとんど用いられることはありません。

以上のような点をふまえますと、チタンと同じように骨結合が起こり、かつ耐久性・審美性に優れる非金属素材として、ジルコニアインプラントは画期的であると言えます。

 

当院のジルコニアインプラント

当院では世界トップシェアを誇るストローマン社製ジルコニアインプラント、straumann®Pureを使用しております。 インプラントは生涯にわたって付き合うものですから、信頼性の高いメーカーのものを使用することが重要であると考えています。
メーカーページはこちら(外部サイト)

また、アバットメントと被せ物にも非金属素材を用います。料金の詳細については以下の料金表ページをご覧ください。
料金表

ストローマン社のジルコニアインプラント
フッタ
治療のご予約
フッタフッタフッタ