歯茎の健康

歯茎の構造と役割

歯茎の構造と役割

この図は歯を横から切った断面図です。歯の周りの構造は歯、骨、歯茎から成り立っています。歯は露出部分を歯冠、通常歯茎に埋まっている部分を歯根と言います。顎の骨は歯槽骨あるいは支持骨と呼ばれます。
歯は、歯根が歯根膜繊維を介して直接、歯槽骨に埋め込まれています。歯根がしっかりと埋まっていることで、歯は顎の骨支えられて安定し、食物を咬んだり、飲んだり、話したりできます。

歯茎は歯槽骨を覆うように位置しており、歯と歯茎の境目で複雑な構造を呈しています(拡大図参照)。1mmの歯肉溝といわれる溝は歯の全周にわたり、その下には上皮付着といわれる歯と歯茎が接着している部分が1mmの幅であります。ここは外部から進入してくる細菌などに対して好中球などを遊走させ、外敵から歯や骨を守っています。また、その下には結合組織付着という歯と歯茎の強固な接着があります。これは歯茎を歯に固定し歯茎の形態を維持させる役目を担っています。
1mmの歯肉溝と2mmの上皮付着と結合組織性付着の合計3mmの構造が歯周病の細菌によって破壊されることを歯周病といいます。
破壊の程度により歯肉炎、軽度歯周炎、中度歯周炎、重度歯周炎と進行していきます。

歯肉炎について

歯肉炎について

歯肉炎を発症すると、歯を磨いたときに血が出たり、歯がしみたりします。歯の表面に付着した歯垢、歯石中の歯周病細菌の産生する毒素によって、歯茎に炎症が起きている状態です。その炎症は歯の周りの歯茎に限局しており、その他の骨や歯根膜に波及していない状態です。
歯肉炎には種類があり、単純性、壊死性潰瘍性、増殖性(思春期性、妊娠性、フェニトイン性などがありますが、ほとんどが単純性で20-50歳の発症率は18%といわれております。治療方法はレーザーによる歯肉の蒸散、歯垢、歯石の除去、または抗生剤、抗菌剤の局所投与、全身投与、消毒薬によるうがいなどがあります。

歯周炎について

歯周炎について

歯肉炎で歯茎に限局していた炎症が骨まで波及した状態をいいます。炎症が骨まで及ぶと骨は溶けてきます。症状は歯がぐらぐら動く、口臭がする、血がでるなどが上げられます。
具体的には歯の周りに付着した歯垢、歯石の内部にいる歯周病の細菌が放出する毒素により、上皮付着という歯と歯茎の接着が剥がれてきます。上皮付着が1mm剥がれるとその下の骨が1mm溶け、2mm剥がれるとその下の骨は2mm溶けるというように歯茎と骨は連動しております。歯を支えている骨が溶けてなくなるので結果的に歯は抜け落ちてしまいます。
種類は若年型歯周炎、重度進行性歯周炎、成人型歯周炎があります。
いままで説明したように歯周病の原因は歯周病原性細菌(Bacteroides gingivalis, Actinobacillus actinomycetemcomitans, B. intermedius, Fusobacterium, Spirochaetaなど)で間接的因子としては歯列不正(歯並びが悪く汚れがつきやすい)、咬合性外傷(物を咬む力によって起きた歯周組織の損傷)、不適合修復物(被せた銀歯、差し歯が不良で段差やギャップが生じておりそこに細菌が停滞、繁殖する)があり、全身的原因には免疫力の低下、ビタミン欠乏などが考えられます。

治療のご予約