精密根管治療の症例紹介

症例紹介 - 精密根管治療におけるCTスキャンの有効性

CTスキャンを用いることで、すべての歯科治療において今まで以上に精密で高度な診査、診断を行うことが可能となります。

ct_endo_case_01

左右第二大臼歯拡大像

CTスキャンを撮ってみて初めて分かることがたくさんあります。

こちらは歯を輪切りにして見た画像です。青で囲んだ部分が第二大臼歯です。

左右の第二大臼歯を拡大してみると、右上第二大臼歯が特殊な形をしています。 左右で根の形が違い、根管の数も違うのがよく分かると思います。黒く抜けているところが根管です。

左像は1根管ですが、右像では2根管を有しているのが分かります。
この様な事は、レントゲンではなかなか分かりづらいのですが、CTであれば確実に分かります。
これにより術前にしっかりと準備が出来、根管を見落とすことなく、確実な治療が出来ます。

これは先ほどの根を歯の軸に対し縦に切った像です。こちらでも、はっきりと1つの根に対し、2根管を有しているのが分かります。こちらも黒くなっているところが、根管です。

ct_endo_case_03

左上第二大臼歯が1つの根に対し、2つの根管を有しているケースです。白いのは根充材です。黒く抜けているところは、治療が施されていない根管です。この様に見落とされることはよくあります。
ct_endo_case_04

こちらも先ほどの根を歯の軸に対し、縦に切った像です。はっきりと根充材(白い部分)が埋まっている根管と(左)、治療が施されていない根管が存在することが分かります。(右)

ct_endo_case_05

M.Eさん 65歳女性 東京都葛飾区

主訴

以前治療した左下が痛い

診断

左下第一小臼歯根尖性歯周炎
CT撮影をしたところ、下顎第一小臼歯は通常1根管のことが多いが、2根管あった。
下顎第一小臼歯の2根管はおよそ25%。そして、2根管のうち片方の根管しか治療を施されていないことが判明。 術前にCT撮影を行うと、このような珍しい症例であっても、前もって解っているので、いざ治療した時に慌てなくてすむ。 CT撮影の良さが、存分に発揮された症例である。

治療

マイクロスコープにて根管内を見ると、すぐに2根管目を見つけられた。
2根管目はかなり汚染されていたが、2回の洗浄、クリーニングによりきれいな状態となり、3回目にMTAセメントにて充填。

ct_endo_case_06

こちらは左下第一小臼歯のCT像です。下顎第一小臼歯は、1根管が75%、2根管が25%ですが、これは2根管を有しています。

少し珍しい根です。レントゲンではなかなか分かりづらいですが、CTであれば確実に分かります。はっきりと根充材(白い部分)が入っている根管と(右)、治療が施されていない根管が存在することが分かります。(左)黒く抜けているところが、根管です。


治療のご予約