精密根管治療 - ニッケルチタンファイルを用いた症例

S.Aさん 62歳男性 千葉県柏市 会社員 ホームページを見て来院

右上第一大臼歯及び右上第二大臼歯の神経を抜いたその日にガッタパーチャポイントにて充填。
このようにかなり曲った根でもニッケルチタンファイルを用いることにより、先端まできちんと充填が出来るのが良くわかる症例

niti_endo_case_01

M.Cさん 58歳男性 東京都杉並区 知人の紹介にて来院

主訴

左下の奥歯が痛い、冷たいものがしみる

診断

左下第二大臼歯歯髄炎、左下第一大臼歯根尖性歯周炎左下第一大臼歯は根の治療が施されていたが、根尖まで充填されておらず、根尖病巣が出来ている。左下第二大臼歯は、冷水痛が止まらず、歯髄炎を起こしていることが判明。

治療

H23年1月左下第二大臼歯はレントゲンで見える以上に根が湾曲しており、難しい症例であったが、ニッケルチタンファイルを用いることにより、きちんと根尖まで充填が可能となった。全2回の治療で終了。左下第一大臼歯は後ろの根に根尖病巣があったが、根管内の洗浄、クリーニングが1度の治療で問題なく終わったので、即日にMTAセメントを充填して終了。その後症状は、完全に消失。

niti_endo_case_02

治療のご予約