患者様の声

最初«前へ12345678910次へ»最後

近くの歯医者さんに「抜かなきゃ治療出来ない」と言われて...

東京都 菅野 和俊さん

インタビュアー(以下、Q):今日はどちらからいらっしゃいましたか?

今日は豊洲から参りました。有楽町線の最近ららポートができた、一番発展して新しい町なんですけどね。

Q: 結構遠くから見えているんですね。

そうですね。家からですと、やっぱり小一時間かかりますね、こちらまで通うのに。

Q: こんなこと聞いたらあれなんですが...近所にも歯医者さんありますよね?

あります。それで、以前はずっと近くの歯医者さんに通って、治療してたんですけども...ちょっと事情がありまして、こちらの方に歯医者さん変えたんですね。

Q: 「事情がありまして」という、そこをちょっとお伺いたいんですけれど...

(近くの)歯医者さんに通っていたんですけれど、歯槽膿になっちゃったんですよ。下の奥から二番目が。「なんかおかしいな~」とは思っていたんですが...ある日、自分で触ってみたらグラグラ動いちゃったんですよ。
それで、いつも通っている歯医者さんに行って話したら、「あ、これは抜かなきゃ駄目だ」って言われたんですよ。「抜かなきゃもう治療できないよ」と言われたので...
「いや...ちょっと待てよ」と。多分、インターネットか雑誌か何か、新聞かテレビかなんかで、「抜かなくても治せる歯槽膿」って(載っていたのを)思い出しましてね。

Q: そういうものを以前見られたのですか?

はい。それで、インターネットでたまたまこちらの「ウケデンタルオフィス」が「抜かなくても治せます」って書いてあったんです。

Q: それはもう、光が差したみたいな感じでしょうか?

そうですね。抜かなきゃいけないっていうことになれば、費用的な問題もありますし、それから抜いた後もまた治療しなきゃいけないってこともありますもので、ちょっと心配したんですけども、その関係でこちらにお世話になっています。

実際に、歯周病のレーザー治療を受けてみていかがでしたか?

そうですね、最初は、どういう治療するのかちょっとわからなかったんですけども、特別なレーザーを歯に当てましてね。メガネをかけて。レーザーですから、目に入るといけませんので...特別なメガネをかけて、レーザーで治療していだたきました。
したがって、その痛いとかなんとか、そういう感覚は全くなかったです。

Q: 治療を受けられた後、歯の状態はいかがでしょうか?

ちょっと表現があれかもしれないけど..今までぐらついていた歯はしっかり固定しました。
それから硬い物...例えば、スルメでも食べられるようになりましたので、これも凄く嬉しかったです。

Q: 最初にいらっしゃった時、カウンセリングを受けられたということですが、いかがでしたか?

来たときにはどういう治療をするのか、いくらぐらいかかるのか等々はわかりません。
ですので先生にちょっとカウンセリングしていただきまして、「こういう治療しますよ」「ここをこう治しますよ」と。それから「費用はこれくらいかかりますよ」と。それと、期間ですね。「何回ぐらい通っていただきます」と。
そういうカウンセリングをして、きちんと説明して頂きましたので、安心して治療を受けることができました。

Q: そういったところも含めてカウンセリングをして頂いたことで、最初で不安は消え施術に入れたということでしょうか?

はい。先生に安心してまかせて、治療して頂くことが出来たと思います。

Q: ありがとうございました。

"次に行くのが楽しみな歯医者さん" は、珍しいと思います

白岩 一哉さん

インタビュアー(以下、Q): どのような症状でこちらにいらっしゃいましたか?

はい、右の奥歯が、ちょっとヒビが入っていました。
もう抜かなきゃけないかなという風なことを、義理の兄貴に言われました。(兄は)歯医者をやっておりますが...。

Q: お兄さんが歯科医ですか?

はい。田舎の方、川瀬の方でやっております。
相談したところ、「まあ、これはインプラントだな」という風に言われました。

Q: インプラントとおっしゃられたのですね。

はい。それで、場所がたまたま関西なので、ちょっと通うこともできません。
そこでインターネットで調べ、「ウケデンタルオフィス」を見つけました。 ホームページに書かれてる内容に非常に感銘を受けまして、一度話を聞いてみようということで伺いました。

Q: 最初にカウンセリングから入るということですが、実際に受けてみていかがでしたか?

そうですね、パソコン・パワーポイントも使われて、良いことばっかりじゃなくてリスクなんかも教えていただき、不安だったものを全て取り除くことができました。

Q: 来る前にあったそのような不安な部分も、カウンセリングによって解消されるものでしたか?

それもありますが、やはり先生とコミュニケーション・会話をして、人隣を見させていただいて、「あ、この人だったら是非お願いしたいな」という風に感じました。
まず、インプラントの場合、骨に穴をあけますので、痛いんじゃないかと思っていました。後、時間が長くかかるのではと思っておりました。
実際には、一回一回に凄く時間をしっかり割いていただけます。 他には途中で、例えばCTEを撮って、その結果をまた画像で見せていただいたりしました。

Q: つまりそれは、途中途中でまたカウンセリングをしていくということですか?

そうですね。カウンセリングというか説明をきちんと事前にしていただける。そういう部分でかなり安心感がありますね。

Q: 実際にCTEの画像とかもご覧になったんですか?

はい、見ましたし、記念にプリントをいただきました。

Q: そういう事もして下さるのですね。ご覧になってみて不安解消される部分って多かったんですか?

はい、かなり大きいですね。

Q: 宇毛先生の人柄など、どのように印象を受けてますか?

宇毛先生もそうなんですが、他のスタッフの方も凄く皆さん明るくて。
普通、歯医者さんへ行くとなると、ちょっと嫌な感じがあると思うし、痛いとか、次来るの嫌なんですけど... こちらは非常に、皆さんが楽しくて、明るくて。
治療も痛くないので、また次行きたいなと思うような、"次に行くのが楽しみなような歯医者さん"は珍しいと思います。

Q: なるほど。では「ウケデンタルオフィス」を選んでよかったでしょうか?

はい。他の方にも是非、ご紹介したいなと思います。
私は、家内も娘も皆ここに通ってます。家族でお世話になっています。

Q: ありがとございました。

指の先から、凄く力強い自信が感じられたんですよ。

鈴木 久美子さん

インタビュアー(以下、Q): こちらには何故いらっしゃったのですか?

長年インプラント治療をしたくて、ずっとインターネットで検索していました。
仕事も辞めたので本格的に検索したら、先生のところがヒットしたって感じです。
それでインプラントの治療を、最初メールでお伺いし、「是非一度、来て見てください」ということで来ました。

Q: 先生の治療を受けてみて、いかがでしたか?

一番最初に相談をしてから、インプラントの治療を受けるために口の中や嚙み合わせ、それから他の歯の治療というのを先にした方が良いということで、そこから入ったんですね。
それで、最初に治療を受けた時に、先生の一番最初に「違うな」と思ったのは、指の先から凄く力強い自信が感じられたんですよ。凄く変な話。
患者としたら、皆さんそう思うんじゃないかと思うですけれどもね。先生はお気づきではないかもしれないですが...やっぱり他のいろんな治療を受けてきた経験上、そこのところで「ハッ」と思ったんですよね。

Q: 指先でその先生は信用できると思ったんですね。

はい、そうです。それで...なんていうのかな、「これでもう大丈夫」っていう感じは、ありましたね。
安心して受けていられました。

Q: そして実際にインプラントもやってみて。

はい。インプラントの治療にはそれから1・2ヶ月、全部で治療してからかかったんですけれども...治療しに来た時に、スタッフの方々が皆迎えてくれて。
「ではこれから、治療に入ります」って言われたんですけど、何の心配もなかったですね。楽しみだったんです。

Q: ウケデンタルの印象を教えて頂いてよろしいですか?

印象というか...皆さんとっても良い方達ばっかりというのは月並なんですけれども、美女が多い、先生若い、なんかそういうような面でも、技術は(もちろん)皆さん本当に力強さを持っていますし、とってもしっかりした方達ばっかりですね。
最初の頃はずっと何回も通ってたんですけど、もう(今では)1ヶ月に1回とか2・3ヶ月に1回...ちょっとなんか寂しい感じがするようになりましたね。

Q: ありがとうございました。

最初«前へ12345678910次へ»最後
治療のご予約