Home > 精密根管治療 > 世界の根管治療の費用

世界の根管治療の費用

こんにちは、井関です。

先日、名古屋で開催された講演会に行きまして、そこで根管治療のレジェンドである寺内先生の話を聞きました。

根管治療のテクニックや私の大好きなMTAセメントの話があったのですが、その前にまず経済の話をしますと言って講演が始まり、その内容というのが歯科業界にいる自分でさえ、「へー、世界はそうなんだ。日本の歯科界は世界と比べるとこんなにも差があるのか」と衝撃を受けました。

世界には根管治療だけを行う歯科医師はたくさんいます。
日本にも数は少ないですが根管治療専門医と言われ根管治療のみを行う歯科医師はいます。しかし、その先生たちは、全て自費でしか治療をしていません。

もし仮に全て保険治療でやったらどうなるでしょう?

間違いなくすぐにその歯科医院は潰れます。

何故でしょう?

それは根管治療の保険点数は特に低いのです。

この話は当院でも最初にいらした患者様には必ずさしていただくのですが、日本では国民健康保険というものが存在し、保険料を払えばどんな人でも一定基準の治療を日本中どこでも受けられます。
これはこれで素晴らしい制度だと思います。

例えば奥歯の根管治療であれば、およそ9000円です。
この9000円は医院が得られる金額で、3割負担の人であれば2700円の支払いになります。1割負担の人であれば900円で済むわけです。

では、世界はどうなんでしょう?

アメリカでは一般の歯科医師であれば10〜15万円、根管治療専門医だと20万円以上で有名先生であれば30〜50万円

イギリスは10万円

日本より後進国と思われているマレーシアでも日本の保険治療と同じ治療をして8万円

いかに日本の保険治療の費用が安いかがわかると思います。

私は、世界で一番高い費用なのは当然アメリカだと思ってたのですが、寺内先生の話だと、違ったのです。

いったいどこの国だと思いますか?

答えは香港です。

ビックリしました!
なんと、27万円だそうです。
香港のトップの先生が27万円ではなく平均で27万円だそうです。

そうなると香港では日本と同じことをしても30倍の収入になるわけです。
逆に考えると同じ収入を得るためには、香港の先生が1人の治療している間に日本では30人を治療しないといけないわけです。
物理的にどうやってもこれは不可能ですよね?

そうなるとその差はどこに出るでしょう?

治療の質です。つまり成功率に差が出てきます。

例えばアメリカの根管治療の成功率は楽に90%を超えてきます。
日本ではというと?
たったの45%です。

しかも再治療であれば、更に成功率は下がります。

当院が目指すところも、当然ながら世界基準の治療です。
世界基準の治療をするためには、設備、技術、知識が必要です。
そして、どうしても時間が必要なのです。

昨年よりウケデンタルオフィス神谷町院は保険治療をやめ自費治療だけを行うようにしました。
それは何よりも患者様の歯を治したいからです。
ご理解を頂きたく思います。

歯周病レーザー治療・歯周組織再生・歯肉整形のウケデンタルオフィス

Home > 精密根管治療 > 世界の根管治療の費用

Search
Feeds

Return to page top