エルビウムヤグレーザーとは?

もっとも人にやさしい歯科用レーザー

現在、歯科治療で使用されているレーザーは数種類存在します。その中で、不快な音や振動がせず静かで、多くの場合の治療に麻酔が不要といった点からもっとも人にやさしいといわれているのがこのエルビウムヤグレーザーです。当院でも安全性を考慮し、患者様に負担がかからないようにこのレーザーを導入しております。

エルビウムヤグレーザーの5つの特徴

痛みの少ない治療が可能

エルビウムヤグレーザーは先端から水を噴きつけて患部を冷却しながら治療を行います。水への吸収性、水を含んだ生体組織に対する蒸散する力が高く、組織の表面にのみ作用するため、発熱が微小になります。これにより従来のレーザーと比べて痛みの非常に少ない治療が可能です。また、注射による麻酔の必要性が少なくなります。

身体組織への負担の少ない治療が可能

img

エルビウムヤグレーザーは、蒸散という反応が照射部の表面にのみ作用するため、炭酸ガスレーザーに比べて、透過光による組織深部への影響が少ないです。インプラントにおいては炭酸ガスレーザーを使用すると骨に熱が伝わり、影響してしまうケースもありましたが、エルビウムヤグレーザーでは影響がないため、そのような心配もせずに済みます。
また、照射範囲が狭いため、周囲組織への影響もほとんどありません。

治癒が早い

レーザーの熱作用により、殺菌効果があるため、虫歯、歯周病、根管治療に効果があります。
その際、他のレーザーと比べると周囲への熱作用が非常に少ないため、歯肉切開の傷も、炭酸ガスレーザー治療で起こってしまっていた表面の黒焦げや熱変性などが起こらずに、短期間できれいに治ります。

歯を最大限に残すことが可能

img 炭酸ガスレーザーでは、歯肉などの軟組織にしか使用することができませんでした。しかし、水への吸収性が高いことからエルビウムヤグレーザーでは、軟組織のみならず、歯や骨、歯石といった硬組織の治療にも使うことができます。
歯科治療で使用できるレーザーは数種類ありますが、硬組織にも使用可能であるものはエルビウムヤグレーザーのみです。また、唯一歯を削ることができるレーザーでもあります。そのため、このレーザーを使用した虫歯治療が可能になります。削るといっても虫歯になった部分に対してのみを蒸発させるため、最大限歯を残すことが可能です。

ストレスの少ない治療が可能

今までドリルで削るときにしていた不快な振動や音が、エルビウムヤグレーザーで硬組織の治療を行うことでほとんどなくなり、患者様にかかるストレスを少なくすることが可能です。

エルビウムヤグレーザーの歯周病への5つの効果

歯肉縁下歯石の除去

img 歯周病の原因である歯石を除去することが可能です。レーザー治療で歯石を除去することができるのはエルビウムヤグレーザーのみです。
痛みなく不快感のない治療が可能です。

ポケット内の殺菌

img 歯周病の原因である歯周ポケット内の歯周病菌などを殺菌、そして除去することが可能です。菌を減らすことで、治りが早くなり、歯肉は健康になっていきます。

エンドトキシンの無毒化

エンドトキシンとは内毒素とも呼ばれ、細菌の細胞壁に含まれる毒物のことです。細菌は死滅しても毒が残ってしまいます。
しかし、エルビウムヤグレーザーでは歯周病菌を殺菌した時にこのエンドトキシンを無毒化することが可能です。

バイオフィルムの破壊

バイオフィルムとは細菌同士が集まってへばりついているもののことです。簡単に洗い流すことができず、新たな細菌を次々と巻き込んでいくものですが、エルビウムヤグレーザーを使用することで、集まった細菌を破壊することが可能です。

歯周外科処置における不良肉芽除去

不良肉芽とは細菌に感染した肉のことです。歯周病菌に感染した歯肉のことを指します。口臭や膿の原因にもなり、骨を破壊するなどの影響もあります。
この不良肉芽をレーザーで切除し、正常な状態へと近づけます。エルビウムヤグレーザーでは熱のダメージがほとんどないため、審美的にも優れています。

資料提供:株式会社モリタ

治療のご予約
フッタフッタフッタ