エルビウムヤグレーザーとは?

もっとも人にやさしい歯科用レーザー

現在、歯科治療で使用されているレーザーは数種類存在します。その中でも、不快な音や振動がせず静かで、多くの場合の治療に麻酔が不要といった点から、もっとも人にやさしいといわれているのがエルビウムヤグ(Er:YAG)レーザーです。当院でも安全性を考慮し、また患者様の負担を軽減するためにエルビウムヤグレーザーを導入しております。

エルビウムヤグレーザーの5つの特徴

痛みの少ない治療が可能

エルビウムヤグレーザーは、従来のレーザーと比べて非常に痛みの小さい治療が可能です。その理由は、水によく吸収されやすいという性質にあります。エルビウムヤグレーザーは、照射した組織表面の水分に反応して蒸散するため、表面にのみ作用し、発熱が微小に抑えられます。また、先端から水を噴きつけて患部を冷却しながら治療を行うため、より安全性が高くなります。
痛みが小さいことから、多くの場合、注射による麻酔も必要ありません。

身体組織への負担の少ない治療が可能

img

エルビウムヤグレーザーは、蒸散という反応が照射部の表面でのみ作用するため、炭酸ガスレーザーに比べて組織深部への影響が少ないです。インプラントにおいては炭酸ガスレーザーを使用すると骨に熱が伝わり、影響してしまうケースもありましたが、エルビウムヤグレーザーでは影響がないため、そのような心配もせずに済みます。
また、照射範囲が狭いため、周囲組織への影響もほとんどありません。

治癒が早い

レーザーの熱には殺菌効果があるため、細菌を原因とする虫歯、歯周病、根管治療に効果的です。
また治癒を促進する効果もあり、歯肉の切開にレーザーを使用すると短期間できれいに治ります。さらに、エルビウムヤグレーザーは周囲への熱作用が非常に小さいため、炭酸ガスレーザーと比べて歯や骨などの表面の黒焦げや熱変性などが起こる心配がほとんどありません。

歯を最大限に残すことが可能

img 炭酸ガスレーザーは、歯肉などの軟組織にしか使用することができません。一方、水への吸収性が高いエルビウムヤグレーザーでは、軟組織のみならず、歯や骨、歯石といった硬組織の治療にも使うことができます。
歯科治療で使用できるレーザーは数種類ありますが、硬組織にも使用可能なのはエルビウムヤグレーザーだけです。
唯一歯を削ることができるレーザーで、虫歯治療も可能です。削るといっても、虫歯になった部分のみを除去できるため、ドリルで削るよりも最大限歯を残すことが可能です。

ストレスの少ない治療が可能

今までドリルで削るときにしていた不快な振動や音が、エルビウムヤグレーザーで硬組織の治療を行うことでほとんどなくなり、患者様にかかるストレスを少なくすることが可能です。

エルビウムヤグレーザーの歯周病への5つの効果

歯肉縁下歯石の除去

img 歯周ポケットの内部にできてしまった歯石を痛みや不快感なく除去可能です。レーザー治療で歯石を除去できるのはエルビウムヤグレーザーだけです。

ポケット内の殺菌

img 歯周病の原因である歯周ポケット内の歯周病菌などを殺菌、そして除去することが可能です。菌を減らすことで、治りが早くなり、歯肉は健康になっていきます。

エンドトキシンの無毒化

エンドトキシン(内毒素)とは、細菌の細胞壁に含まれる毒物のことです。
細菌を物理的に取り除いても歯の根の表面や歯肉には毒が残ってしまいますが、エルビウムヤグレーザーで歯周病菌を殺菌すれば、エンドトキシンの無毒化も同時に行うことができます。

バイオフィルムの破壊

バイオフィルムとは細菌同士が集まってへばりついているもののことです。簡単に洗い流すことができず、新たな細菌を次々と巻き込んでいくものですが、エルビウムヤグレーザーを使用することで、集まった細菌を破壊することが可能です。

歯周外科処置における不良肉芽除去

不良肉芽とは歯周病菌に感染した歯肉のことを指します。放っておくと口臭や膿の原因となり、さらには骨の破壊を引き起こすこともあります。
歯周病治療では状況に応じてこの不良肉芽を切除し、正常な状態へと近づけます。その際、歯肉の切除をエルビウムヤグレーザーで行えば、周囲の組織へのダメージも小さく、また治癒促進効果によって傷の治りが早いため、審美的にも優れた仕上りになります。

資料提供:株式会社モリタ

治療のご予約
フッタフッタフッタ