金属アレルギーの方への治療

金属アレルギーとは?

そもそもアレルギーとは、免疫反応が有害な病原体を排除するばかりでなく,反応が過度になり組織の傷害・疾患を引き起こす症状です。
金属アレルギーとは、その名のとおり金属が原因となって発生するアレルギー性接触皮膚炎であり、多様な皮膚症状が発生し、日常生活で金属に触れる機会も多いため、原因の特定が非常に困難になっています。

アレルギーの分類

Ⅰ型アレルギー(アナフィラキシー反応)

即時型アレルギーと呼ばれるもので,抗原との接触後、短時間で起こる反応です。
代表例は花粉症・蕁麻疹・喘息・アトピー性皮膚炎やハウスダストアレルギーなどです。

Ⅱ型アレルギー(組織障害性反応)

抗原&抗体&補体が細胞表面に結合した結果,その細胞が侵襲を受ける反応であり、抗体が付着した細胞に限定して障害が生じるのが特徴です。
自己免疫性溶血性貧血や血小板減少症などが症状として挙げられます。

Ⅲ型アレルギー(免疫複合体反応)

臓器や血液中に存在する抗原に対する抗体が大量に生産されると、抗原抗体複合体が形成されますが、それを体内で処理しきれない場合に発生します。
免疫複合体の沈着するあらゆる臓器に生じうるのが特徴であり、全身性エリテマトージスなどが有名です。

Ⅳ型アレルギー(細胞性免疫反応)

遅延型アレルギー、細胞免疫型アレルギーなどと呼ばれています.反応が出現するまでの時間が長いのが特徴です。Ⅰ~Ⅲ型までが液性抗体が関与する反応であるのに対して、Ⅳ型はT細胞、マクロファージなどの細胞が関与します。抗原に感作されたT細胞の産生するサイトカイン(リンホカイン)によって引き起こされる一連の反応であることが多い症状です。
代表例にツベルクリン反応、接触性皮膚炎などがあり、金属アレルギーはこのカテゴリーに分類されます。

歯科における金属アレルギー

歯科治療で使用される金属材料が原因で生じるアレルギー性接触皮膚炎も問題となっています。口腔内は、唾液によって金属が非常に溶けやすい状態になっているため、歯の充填などに使用した金属材料が溶け出し金属イオンとなります。
その金属イオンが体のタンパク質と結合し、「異物」と見なされ、免疫が過剰反応し、アレルギーを引き起こします。
アレルギーの基礎知識を理解した歯科医による治療が有効ですが、数が少ないのが現状です。

金属アレルギーによる症状

・味覚異常・金属の刺激による異常感
・口の中や、舌に灼熱感や疼痛を覚える
・色素沈着・歯の変色
・舌炎・口内炎・口唇炎・肉牙腫性口唇炎
・アレルギー性接触皮膚炎、刺激性接触皮膚炎
・局所、及び全身への蕁麻疹
・全身性接触皮膚炎
・赤斑・扁平苔癬、白板症、掌蹠膿疱症
・非特異的免疫増強作用


金属アレルギーによる掌せき膿庖症

治療の流れ

金属アレルギーへの対処法
※当院では金属アレルギー検査は行っておりませんのでご注意下さい。

1)各種検査
本当に金属が原因でアレルギーが発生しているのかを確認します。

※金属アレルギーと誤解されやすい例
・他のアレルギー:香料、食品、化粧品など
・他の歯科材料アレルギー:ホルマリン、レジン、ユージノールなど
・機械的刺激:修復物の鋭縁
・他の疾患:歯周炎、根尖性周囲炎

2)パッチテスト
多種多様な金属の中で、どの金属が患者様の体質に合わないのかをはっきりさせるため、パッチテストを行います。

・試薬を少量、適当な布等に貼付し、2日間、皮膚面に貼付
・判定法:剥がしてから、30分~2時間後(2日目)と3日目、および7日後に判定
・確認パッチテスト:陽性反応を生じたものは後日(2週~数ヶ月後)再テストして反応が出現するかどうかを確認する

3)金属アレルギー血液検査
パッチテストには以下のような問題点が存在します。

・感作の可能性がある
・再現性が不安定
・夏季には実施困難

そのため、場合によっては金属アレルギー血液検査を行います。
患者負担の軽減を図れるだけでなく、夏季でも可能であり、金、パラジウム、ニッケル、コバルトのみに陽性反応を示します。

4)抗原除去
アレルギーの原因となる金属イオンが溶け出している歯を特定後、今度はそれをアレルギーを起こさない材質のものと交換する必要があります。
これを抗原除去療法と言い、代替材料としては金属を含まないセラミックスやハイブリッドセラミックスなどを使用します。

金属アレルギー治療の注意点

アレルギーの原因となっている金属を除去しても、すぐに効果が現れる訳ではありません。
金属を口腔内から除去する際、金属の微細な屑が飛沫し、皮膚症状が悪化する「フレアアップ」という現象が起こる可能性もありますので、2~6ヶ月の経過観察が必要であり、平均1~2年程度を目安に治療を進めていく必要があります。

治療のご予約