CRACK(クラック)続き

こんにちは、井関です。

今回は前回に続き、歯の破折(ひび)についてお話ししたいと思います。
前回を読んでないとわからないこともありますので、是非前回を読んでからお読み下さい。

私たちは通常、破折(ひび)CRACK(クラック)と呼びます。

前回のブログでの症例はまだ軽症なクラックの話をしましたが、もう少しクラックが進むとどうなるかという話をしていきます。

いつも、私たち歯科医師はクラックが判明すると凄いがっかりするのです。
なぜならクラックが入った歯はたいていの場合、抜歯する以外ないからです。
7、8年前私はこのクラックの入った歯でもなんとか残そうといろんな方法を用い頑張ったのですが、クラックの入った奥歯は全て4年以内に抜歯になりました。 論文でも奥歯の治療後の5年生存率は0%となってます。
前歯は1歯のみ7年持っている方もいらっしゃいますが、ある特殊な条件下で持っているので例外中の例外と言えるでしょう。

進行したクラックは大きく分けると2つに分かれます。
1つは歯の並びに直角に走るクラック(赤線)
もう1つは歯の並びに平行に走るクラック(黒線)

歯の並びに直角に走るクラック(赤線)の特徴は、ほとんどが神経を抜いてる歯に入ります。
しょっちゅう見かけます。
このクラックは歯冠(歯の頭)から入る場合と歯の根っこの先から入る場合があります。
だいたい半々の割り合いで起こります。
以前にも書いてると思いますが、神経を抜くと歯の内部を削るので、必然的に歯が薄くなります。
なのでクラックが入って歯が割れやすくなります。
臼歯部では神経抜いてない歯と比べ7.4倍歯が割れやすくなります。
何度も書いてますが、神経はなるべく残した方が良いのです。

歯の並びに平行に走るクラック(黒線)の特徴は、ほとんどが神経を抜いてない歯に入ります。
そして必ず歯冠から入ります。
でもこのクラックはあまり見かけません。かなりレアです。
なんの治療もしてなく虫歯も歯周病にもなってない歯にクラックが入ることもあります。
下の写真がまさに真横にクラックが入り真っ二つに割れてしまった歯です。
小さな虫歯を白い詰め物で治してますが、わずかに歯を削った程度です。
こうなってしまうと治療法はありません、残念ながら抜歯する以外ないのです。


では、なぜたいして治療もしていない歯に、歯の並びに平行に走るクラックが起きてしまうのでしょうか?
原因は力です。
噛む力がものすごく強く、夜間に極度の歯ぎしりやくいしばりをしている人に多く見られます。
歯ぎしりや食いしばりを根本的に治す方法は今のところあまりありません。

前回にもお話しした通り、歯科医院で歯ぎしりや食いしばりがひどいと言われた方や、ご自身で自覚のある方は、ナイトガード(夜間に使用するマウスピース)を使用することをお勧めします。

マウスピースも大きく分けると2種類ありまして、柔らかい素材のものと硬い素材のものがあります。
柔らかい素材のものは、歯ぎしりや食いしばりには向いていません。
逆に睡眠中にもっと噛む力を発揮してしまう場合もあります。
柔らかい素材のものは、スポーツ用のものと思ってください。ラグビーやボクシングでしてるあれです。
市販でお湯で温めて歯に合わせるマウスピースがありますが、あれも柔らかいものなので、睡眠中に使用するのはやめた方が良いです。

硬い素材のものは、ナイトガード向きです。
ただし、きちんと歯科医師が調整をしてないとこれも良い結果が得られません。
その人、その人にあった噛み合わせを調整しないといけません。
なので、完全にオーダーメイドなわけです。市販のものとは全く違うものです。
当医院でも多くの方にナイトガードを使用していただいておりますが、今まで使ってたものとは全く違う。
下の顎がスムースに動く。
朝起きた時に肩や首の凝りが無くなった。
ナイトガード無しで寝るなんて心配でできない。
など多くの方に好評をいただいております。

歯ぎしりや食いしばりが気になる方、家族に勧められた方、一度使用してみたい方、是非、当院の歯科医師、衛生士にご相談ください。

Crack(ひび)

こんにちは、井関です。

今回は歯の破折(ひび)についてお話ししたいと思います。

私たちは通常、破折(ひび)CRACK(クラック)と呼びます。

クラックは歯の内部から始まるので、最初は私たち歯科医師が見ても全くわかりません。
クラックが少し進行すると下の写真の様に見えてきます。
よーく見て下さい、ほそーい線が上下に走っているのがわかるかと思います。
「ヘアーラインクラック」と呼ばれ、まさに髪の毛1本分くらいの線がクラックなのです。
これは、年配の方に多く見られます。長い事噛む力に耐えてきた証ですね。
また、噛む力が強かったり歯ぎしりをしている人の奥歯に見られる事が多いです。

しかし、これくらいは、経年的加齢的なものなので、治療する必要はありませんし、症状もまだ何もありません。
するとなれば、ナイトガード(夜間に使用するマウスピース)をしてもらう位です。

その後クラックが進むと、このクラックに沿って細菌が歯の中に侵入してくるので良く隣との歯の間が虫歯になります。
そもそも歯と歯の間は歯磨きがしづらく、虫歯になりやすいわけですが、クラックが入った歯の場合、歯磨きをしっかりとしてても虫歯になってしまうのです。

下の写真の歯は、詰め物が取れ中が虫歯になっていたので、虫歯を取り切った状態です。
見事に真横にクラック(線)が走っている事がわかると思います。
幸いこの歯は、しみる症状はなかったので詰め物をやり直すだけですみました。

しかし、今後このクラックが進んでしまうともしかすると更に治療が必要になるかもしれません。
その可能性については、患者様にお話しはしましたが、どれくらい先に更なる治療が必要かは残念ながら誰にもわかりません。



更にクラックが進むと、神経を抜いてない歯の場合は、圧倒的にしみるという症状を呈する事が多いです。
これが非常に厄介で、クラックがはっきりと見えるようになるまでは知覚過敏と判別がつきません。
(ヘアーラインクラック位ではしみません)
知覚過敏の薬を塗っても一向に治らないのです。
かと言って、何か他に治療法があるのかというと全くないために、様子を見てもらう以外ないのです。

このクラックが進んで、視認できるようになって初めてしみてた原因がクラックだったのかとわかります。
クラックが進むと歯髄に到達し、急激に痛みが出てきたりします。
クラックは細菌の通り道になるので、細菌が歯髄に入ってきてしまうので細菌感染が起こり痛みが出てしまうのです。

この歯がまさにその状態だったのです。
数ヶ月もの間、しみるしみると言われて毎回知覚過敏の薬を塗っていたのですが、全く症状は変わらず何が原因なのかさっぱりわからずそのうち治るんじゃないのかな?と思っていました。
するとある日、歯をよーく見ていたらクラックが入っていたのです。
矢印の先をよく見てください。歯にわずかに線(クラック)が入ってるのがわかるかと思います。


金属を外し歯を削った状態です。
よく見てください、歯の内部にまでクラックが入ってるのがわかるかと思います。


結局、このクラックを全て削っていくと、歯髄(神経)まで到達していて、神経が細菌感染(それによってしみてた)を起こしてしまってるので神経を取らないといけません。
よって根管治療をしました。
当然のことですが、神経を取ってしまえば、知覚がなくなるのでしみなくなるわけですが、患者様は、今まであんなしみて辛かったのに一瞬でしみなくなったと言い、ビックリされてる事が多いです。
その後この患者様は、9年に渡って何の症状もなく過ごしています。

このようにたった1本のクラックでこんなに治療をしないといけなくなります。
しかも、クラックは予想が出来ないので、患者様にもいつまで持ちますよと言えないのが現状です。
唯一、クラックの予防は、先ほど申し上げた通りナイトガード(夜間のマウスピース)を使用する事です。
あとは、極端に硬いものを好んで食べないとか、ビールの栓を歯で開けてしまうとかはやらないで下さい。
ある年配の患者様に聞いたら、笑いながら、確かに昔は歯で栓開けてたなー、ハッハッハッと笑いながら話してましたが、本当に絶対やらない方がいいです。

今回の話は、クラックが入ったけれども、これでも軽症な方なのです。
次回、クラックがもっと進んだらどうなるかの話をしたいと思います。

一年後CT撮ってみたら凄い治ってた!

こんにちは、井関です。

根管治療の世界において3種の神器と言われるものがあります。
マイクロスコープ、ニッケルチタンファイル、そしてCTです。

私の大好きなMTAセメントはここに入らないのが残念でしょうがないです。

ニッケルチタンファイルは使わないことも結構あるので、私の大好きなMTAセメントをここに入れてほしいと私は思ってます。

今回は、この中のCTの症例についてお話しさせていただきます。

患者様は、2日前に右上の歯に激痛があり来院されました。

まずはレントゲン検査を行いました。
以前にも言ったことがあるかもしれませんが、上下共に奥歯は周囲の骨が厚いのでレントゲンではなかなか細かい情報は得られません。
なんとなく矢印の先がモヤモヤして黒っぽい感じはありますが、はっきりとこれは悪い!とは言いづらいレントゲン像です。


そこでCTを撮ってみたところ、上顎右側第一大臼歯は根が3本あるのですが、その全ての根の先に黒い影(根尖病変)が見られました。(赤矢印)
間違いなくここが原因で痛いことがわかりました。


そして、歯の上方部に上顎洞という空間(副鼻腔)が存在するのですが、そこがスリガラス様にグレーになっているのがわかるかと思います。(黄矢印)
これは何かというと、上顎洞まで炎症が波及してることを示します。
上顎洞の上の方に黒い部分(白矢印)がありますが、通常はこのようにCTでは真っ黒に写ります。
CTで黒いということは空気がその部分にあるということです。

治療を始めたところ、一つの根管から大量の膿がダクダク出てきました。
これは、確かに相当痛みがあっただろうなと想像できました。
1回目に根管内を徹底的にきれいにし、膿が止まるまで根管内を洗浄し続けました。
2回目の治療は、2週間後でした。
その時には、痛みは収まってはいましたが、噛むと違和感が残っているとのことでした。
こういう時、最終的な薬(MTAセメント)を詰めますよと言うと、大体患者様は不安になるのですが、噛んだ時の違和感や、歯を叩いた時の響きはMTAセメントを詰めないと消えないこともあるので、2回目に根管充填をMTAセメントで行い終了です。

その後土台(ファイバーポスト)を立てて、型をとりセラミッククラウンを装着して終わりとなりました。
5回の治療で全て終了しました。

その後、経過観察をしていました。
度々レントゲンを取りましたが、やはり奥歯のレントゲンは写りが悪く、治っているのかどうかが判断つきませんでした。

治療前
治療後8ヶ月

どうでしょう?
違いがわかりますか?なんとなくモヤモヤした黒い部分が白っぽくなっているように見えますが、毎日レントゲン見ている人間でもこれは治った!と言い切れません。

じゃあ、CTを撮れば良いじゃないか?と思うかもしれませんが、CTは放射線の被曝量が多い為、頻繁に撮ってはいけないのです。
国際的にも、どうしてもCTを取らないと治療に差し支えるなどの理由がない限り、前回CTを撮ってから、少なくとも1年は空けるべきと言われています。
なので、1年を待って患者様も治っているかどうか確認したいと言われたので、先日CT撮影を行いました。

すると、根の先の黒い影は全て消え、スリガラス様になっていた上顎洞もきれいに治り、真っ黒になったのがわかるかと思います。
正直、1年でここまで完全に治るとは思いませんでした。


患者様も症状はないけど、ちゃんと治ってるか知りたいと言っていたので、きれいに治ってて良かったです。
実は患者様はお医者様でCTを見慣れている方なので、このCTを見た瞬間に、
「すごい!副鼻腔がきれいになってる!」
と驚いていました。 専門用語で言われたのは嬉しかったですね。

治療前と、1年後です。
明らかに違うことがわかるかと思います。

頻繁にCTを取ることは良くないことですが、やはりCTじゃないとわからないこともたくさんあるので、私の治療には欠かすことのできないツールですね。

今回は、1年待って撮ることが出来ましたが、こんなに良い結果が得られて良かったです。

治療前

治療後(1年後)


治療前

治療後(1年後)

またも根管内に器具が折れている!

こんにちは、井関です。

先日、他医院からの紹介で、2本の大臼歯の治療を2回で終えてほしいとの依頼でした。
これはなかなか大変な依頼です。
たいてい1本の大臼歯の治療で、2回から3回、難しいと4回かかることもあります。
それを2本を2回で終えてほしいというのはいつもの倍以上のスピードで治療しないといけないという事です。
しかも、なんと根の中で3本も器具が折れているではありませんか!!

紹介してくれた先生も結構な無茶振りしてくるなと思いましたが、ここは頑張らないといけないところです。

左の歯の折れている器具は短く根の途中にあるので、これは簡単に取れると確信できたのですが、問題は右の歯の2つの器具です。
どちらも根の先端まであり、しかも右側はかなり長いです。
これは相当難しいぞと覚悟していました。
以前にもブログで書いてますが、折れた器具の長さが4,5ミリを超えると統計的に除去の成功率がいきなりガクッと落ちるのです。




あらゆるテクニックを用い、なんとか全て除去しました。
一番長いのはちょうど4,5ミリくらいです。
よくぞ出てきてくれました。
この後はいつも通りMTAセメントで充填しておしまいです。
折れた器具は必ず除去しないといけないわけではありません。
折れた器具自体が悪いことをすることはあまりないのです。
しかし、折れた器具の先に細菌感染が起きていれば、折れた器具を除去しないとその先の細菌を滅することは出来ないので、取らないといけません。
この歯は治療前は歯茎から膿が出てましたが、それもなくなり、先日お会いしたら全然問題ないとおっしゃられたので良かったです。

久々の学会

こんにちは、井関です。

この2年間ありとあらゆる学会や勉強会がコロナの為、中止になりZOOMやウェビナーでの話を聞くにとどまっていたのですが、
パソコンの前に数時間座り続けるのも疲れるし、やはり生で聞けないと面白みも半減するので、楽しくないなーと日々思っていました。

私はマクロスコープの使い手達の集まりである顕微鏡歯科学会という学会に所属しておりまして、先日、3年ぶりに学会が開かれ行ってきました。
結論から言うと、やはりライブで話を聞くのは面白いし、パソコンを通して聞くのとは熱量が大違い!
そして今日も新しいことを勉強できたな!という自己満足感が満たされて非常に楽しかったです。

学会では、色々な人が発表します。
大学に残って基礎的な研究をしている人もいますし、臨床で世界を股にかけ活躍している人、普通の町の歯医者さん、衛生士さんも発表をします。

また、こんなご時世ですが、懇親会も学会主催で開かれ、そこで知り合いの先生に数年ぶりに会って話をしたり、雑誌やパンフレットでしか見たことのない歯科界の著名な先生にご挨拶できたり新たな情報を教えてもらったりと非常に有意義な時間を過ごす事が出来ました。

シンプルな看板
東京で開催される時は、いつも竹橋が最寄駅の一橋講堂


井関先生!といきなり声をかけてきたのが、私が初めて勤めた医院の同僚の加藤先生 2019年6月のブログで書いた金沢旅行でお世話になったのが、彼です。
金沢からやってきて発表してました。
お互いに白髪増えたねって、苦笑い。


真ん中は私の大学の同級生で、埼玉の川越で開業している関口先生。
同級生で顕微鏡歯科学会に入ってるのは彼だけなんですよね、ちょっと寂しい。
左の方は、埼玉の川口で開業している渥美先生。
歯内療法(根管治療)の世界では知らない人はいないくらいの有名人です。
なんと、3人とも同じ年です。どう見えますか?

人事異動

こんにちは、井関です。

今まで私は、火水金と神谷町医院に勤務しております。
他の日はというと、川崎の方の医院に勤めておりました。
こちらではウケデンタルオフィスに勤務するずっと前からお世話になっており、 18年半もの長い間勤めていました。

しかし、2月に川崎の院長が急逝されまして、そちらの医院が閉院せざるをえない状態になりました。

驚いたことに、管理者という院長が亡くなると、歯科医院というのは10日後には閉院しないと いけない決まりになっているそうで、たった10日間で来院してる患者さん全てに連絡をしたり、 キリの良いところまで治療を終えなければいけなかったりで、非常にバタバタして大変でした。

当然のことながら、治療途中の患者さんもいましてどうしたものかと思ってたところ、 宇毛先生より、大井町でやったらどうか?と打診をいただきました。

話は変わりますが、3月いっぱいで7年勤めていました表参道の分院長の石黒先生が退職することになり、 神谷町と大井町で勤務をしていた露木先生が、表参道の分院長に就任しました。

すると大井町医院でのドクターが不足することになるので、4月より入社した信濃先生と私が露木先生の 代わりに勤務させていただくことになり、言い方が悪いですが、うまいことピースがハマった感じに 人事異動が出来ました。


これにより川崎の医院と大井町医院が電車で30分くらいと割と近い距離なので、 川崎の希望する患者さんを連れていって引き続き治療をさせていただく事が可能になりました。

神谷町医院は自費診療のみでやっておりますが、大井町では保険診療もやっておりますので、 川崎の医院では保険診療の患者さんもおりましたので、今までと同様に診させていただけるので、 安心しました。
また、自分の患者さんが神谷町で保険診療を希望した場合に、今までなら、石黒先生、中野先生、露木先生に分院で治療をお願いしてたわけですが、今後は曜日は限定されますが大井町医院で私自身が保険診療をする事が出来ますので、保険診療を希望する事がありましたら是非ご相談ください。

当面は土曜日出勤で、月曜日も日にはよるのですが出勤させていただきます。
今後は大井町医院でも宜しくお願いいたします。

新入社員 信濃先生

こんにちは、井関です。

今回はウケデンタルオフィスの人事移動についてご報告させていただきます。

3月を持ちまして、長らく働いていた表参道の分院長の石黒先生が退職されました。
それに伴い、神谷町、大井町医院で勤務しておりました露木先生が4月より表参道の分院長に就任いたしました。

また神谷町医院に新たな仲間として、信濃先生が4月より入社いたしました。


信濃先生はまだ若いですが、やる気に満ちており、
北海道大学の歯学部卒業という国立出身の秀才でありながら、
学生時代にはアイスホッケー部に入っていたという体育会系で、
まさに文武両道で誠実な男です。

また出身が院長と同じ北海道で、しかも院長と同じ左利きということもあり、院長が期待しまくっています。

期待に潰されぬよう、私達先輩がフォローしていきたいと思っていますし、 毎日少しずつで良いので成長していってもらいたいです。

今のままの情熱でウケデンタルオフィスにいれば、きっと数年のうちにかなりのレベルになり、
30代半ばにはゴッドハンドと言われる位に成長できるのではないかと私も期待しています。

池袋医院オープン

あけましておめでとうございます、井関です

今月から、ウケデンタルオフィスの分院が池袋にオープンしました
1月中は自費治療のみですが、2月より保険治療もスタートします
池袋近辺にお住まいの方、埼玉在住の方にはより近くになると思いますので、是非来院してください

池袋医院には神谷町医院に勤めてました木村先生が分院長として就任しました

皆最初は技術知識が足りなく、院長に教わりながら上手くなっていくのですが、 木村先生は私が見た勤務医の中で、勤務したての時からレベルが高かったです。
その年齢でそのレベルに達しいているなんて驚いたものです
そこから約2年の勤務の中で更に技術知識を積み重ねていきましたので、 間違いなく素晴らしい治療を池袋の地で発揮してくれると私は信じています。



池袋のホテルメトロポリタンの入り口です
地下1Fに池袋医院はあります


入り口です たくさんの花が届いてます


待合室で木村分院長をパチリと一枚


診療室は広々して開放感もありピカピカです
説明用ディスプレーも大きい!


木村先生がメインで使用する個室です
最新設備が凄い


CTG(Connective Tissue Graft) 歯茎の移植

こんにちは、井関です。

歯周病にかかったりすると歯茎が痩せたりします。
また、噛み合わせの問題や歯ブラシのしすぎでも歯茎が痩せたりします。
そして加齢的にも10年で歯茎は1ミリ下がるとも言われています。

では下がった歯茎は元に戻る、または戻せるのか?というとこれがなかなか難しいのです。
特に全体的に下がった場合は、不可能です。

しかし、こちらのように一箇所だけ下がっている(上の歯なので上がっているとも言えますが) ケースでは元に戻す事が出来る場合があります。

まずは写真をご覧ください。


術前

術後

術後1ヶ月で露出してた根っこが大分隠れました。
根っこがまだ露出しているように見えますが、前後の歯茎の高さと比べてみてください。
ほとんど同じ高さなのがわかるかと思います。
またこれは仮歯なので色も合ってないですし、歯茎近くまで削ってもいません。
最終的な被せ物になるのはもう少し先になりますが、その時には歯茎近くまで削り ほとんど根っこが露出しないようになります。

さて、どうやって歯茎を復活させたでしょうか?

答えは、歯茎を移植したのです。
この手術をCTG(Connective Tissue Graft)と言います。
歯茎を移植???となると思います。
またどこの歯茎を移植したのか?と疑問だと思います。

実は上顎(口蓋)の歯茎を移植したのです。
そんなことして良いのか?痛くないのか?
と思うでしょうが、割と昔からある手法で、痛みもそこまでありません。
1ヶ月もすると取った歯茎の部分もほとんど元通りになります。

この手術は歯茎が下がってるケース全部に出来るわけではありません。
下がり方によっては、出来ない場合もあります。
自分の歯茎を見て下がりが気になるようでしたら、ご相談ください。

巨大な歯茎の膨らみ(サイナストラクト)

こんにちは、井関です。

口の中のできもので一番多いのは口内炎だと思いますが、口内炎に関しては数日で消える事がほとんどです。
以前にもブログで書きましたが、根の病気でサイナストラクトという歯茎にできる膨らみがあります。
(サイナストラクトは以前はフィステルと呼ばれてましたが、今はその様な呼び方はしないようになりました)

サイナストラクトは歯茎や歯の周りの骨の中に溜まった膿が出てくる道で、歯茎が腫れます。
通常、あまり痛みもなく、体調が悪くなると出現し、数日して体調が復調すると消えます。
なので、出たり消えたりします。

だいたい下の写真くらいの大きさの膨らみ(直径3ミリくらい)ができる事が多いです。
この写真は前歯なので、自分で見たり気づいたりする事が多いですが、上の奥歯にできると自分では気付かない事もあります。

もう少し大きくなるとこんな感じです。
これくらいになっても根の治療を1、2回すれば消えて治ってしまいます。

しかし、先日今までに見たことのない大きさのサイナストラクトに出会いました。


これにはびっくりしました、およそ1センチ!
正直、これを通常通り根管治療すれば治るのかな?と考えました。
なので、根の治療と同時に外科的にこの膨らみを切って取ってしまおうかと思ったのですが、 患者様もお時間が無いとのことだったので、1回目の治療は根管治療のみで終えました。


すると一週間後、こんなに膨らみは小さくなりました。
麻酔して外科的に切って取らなくて良かったです。
痛みも出たかもしれないし、傷跡ももしかしたら残ったかもしれないので。
これでもう一度根管治療を行いました。

それから2週間後、ほぼ完全にサイナストラクトは消えました。
あんなおおきな膨らみが、根の中をたった2回治療しただけで消えてしまうんですよ、凄くないですか?

細菌感染が起きているから、ああなったわけで、細菌を除去、死滅させれば治るのです。
決して外科的に何かをしなくても、身体が勝手に治してくれるんですよね。
ちなみに今回の治療では麻酔もしませんでしたし、お薬を飲んでもらう事もなかったです。
人の身体って凄いと改めて実感しました。