Home > 精密根管治療 Archive

精密根管治療 Archive

診査診断の重要性

こんにちは、井関です。

今回は一つの症例を見て頂きたいと思います。
出来ましたら、3つ前のブログも読んでいただいて比較をしていただくと面白いと思います。
非常に似ている症例なのです。

患者様は左下の奥歯の歯茎に膨らみができて、そこから膿が出てくるという主訴で 来院されました。

下の写真の様に奥から2番目の歯の歯茎に膨らみが出来ています。

レントゲンではこの様な状態でした。
黒矢印の先の白い線は歯茎の膨らみからレントゲンに写る棒状の物を入れています。
それによって膿が出てきている原因がどこにあるか探っています。
そうすると、この歯の後ろの根に向かっていました。

なので、通常通り右下の奥から2番目の歯の治療に移ろうかと思ったのですが、
何かおかしい??????

この歯は銀の詰め物がしてあるが、虫歯になっている感じがしない。

その為、この歯に微量の電気を流し、神経が生きているか死んでいるかの検査を しました。

すると、生きているではないですか!

通常、神経が死んでいる歯、もしくは根管治療している歯にこの様な膨らみが出ます。
生きている歯にはあまり出ることはありません。
(たまに歯周病の時に出ることもありますが、この歯は歯周病にはかかっていませんでした)

じゃあ何故、歯茎に膨らみがあるのでしょう?

そこで、もう一枚レントゲンを撮りました。

すると、一つ後ろの歯の根の先に黒い影があることが分かりました。
(矢印の先です)

あ、これは後ろの歯が原因歯だと私は確信しました。

一体どういうことでしょうか?

これは一番奥の歯の黒い影の膿の溜まっているところから、一つ前の歯の歯茎に膿が 出てきていたのです。
こういうことはたまにあります。

いくつかのきちんとした診査をしないと原因の歯を特定できないこともあるのです。
逆にきちんとした診査をしなかったら、健康ななんでも無い歯の神経を取ってしまう という最悪なことになるかもしれないのです。

そのような事が決して無い様に、当院では診査診断に時間をかけ、その内容を患者様に きちんと説明してから治療に入る様にしております。

治療前後の比較になります。
黒矢印の先の膨らみがなくなっている事がわかります。
根管治療後、セラミックの被せ物をしております。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

続 破折器具除去

こんにちは、井関です。

先日、久々に根管内で器具が破折している症例に遭遇しました。

破折器具は論文によると、4,5ミリを越えるといきなり除去するのが難しくなると 言われています。
レントゲンを見るとかなり長いことがわかります。

マイクロスコープを用い、なんとか無事除去することができました。
今まで除去した中で最も長い破折器具の一つだと思います。
無事除去することができてよかったです。

除去した破折器具がこちらです。
右の棒はプローブと言って、歯周ポケットを測る時に使う道具ですが、 1目盛が3ミリになっています。
こうするとおよそ4,5ミリくらいではないかなと思います。

最終的にはいつもの様にMTAセメントで根管充填をして終了です。
右側の奥歯も治療しました。
術前にあった疼きや痛みも消失しました。
うまく治すことができて良かったです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

サイナストラクト

こんにちは、井関です。

最近、歯茎が腫れているという患者様が続けざまに来院されました。
その中の、お一人の方のお口の中を見るとこのような状態でした。

この歯茎が腫れているのは炎症が起きているからなのですが、
腫れの真ん中によく見ると小さな穴が開いてます。これは何かというと、根の先に溜まった膿が歯茎から出た穴なのです。なのでこの膨らみを押すと膿が出てきたりします。

以前はこれを「フィステル」と言っていましたが(今でもこの言葉を使う先生もいます)、 最近は「サイナストラクト」という言葉になりました。
歯内療法の世界では、もうフィステルという言葉は使わなくなりフィステルと言うとちょっと 恥ずかしい感じです。
ちなみに日本語では瘻孔(ろうこう)と言います。

特徴的な症状としては、
強い痛みがあることは稀で、大抵体調が悪い時や疲れている時にズーンと重い感じがする。
腫れが出たり消えたり(小さくなったり)する。
変な味がする。

では、どうやったら治せるのかというと、
通常の根管治療を行えば治ります。
根の先の膿の原因は、根管内に細菌がいるからで、その細菌を除去してしまえば自然にこの サイナストラクトも消えます。

1回目の根管治療後、3日ほどで歯茎の腫れ(サイナストラクト)は消えましたので 2回目で根管治療は終了です。
右の写真は根管治療を終えた後、土台を立てたところです。
はっきりと治っていることがわかると思います。

術前のレントゲンです。
赤の矢印の先の白いのは、サイナストラクトから造影性のある棒を入れています。
これによって膿がどこから出てくるか見つけることができます。
そうすると、一番奥の歯の根の先に向かっていることがわかります。
根の先が黒くなっている所に膿が溜まっています。

根管充填後のレントゲンです。
MTAセメントで充填しています。
根の先端まできちんと入っていることがわかると思います。
まだ根の先の黒い影は無くなっていません。
これがもとに戻るには6ヶ月から1年くらいかかります。

最後にセラミックの被せ物をして終了です。
治療回数は5回でした。

同様の症状でお悩みの方、是非ウケデンタルオフィスにご相談ください。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

巨大な穴

こんにちは、井関です。

先日、大学時代の友人から診て欲しい患者様がいると紹介を受けました。

友人曰く、その患者様は某大学病院で根管治療をしたのち歯を抜いた方が良いと言われたそうです。しかし、歯を抜きたくないので自宅の近くの友人の歯科医院をセカンドオピニオンで訪れたそうです。
友人は、仮の蓋を外したら出血がすごい為、何も見えずどういう状況か分からないくらいだったそうです。おそらく根の中で穴が空いてるのではないか?と言い、自分では治すことができないので、
「井関、どうにかならないか?」と紹介を受けました。
このような紹介を受けるとテンションが上がります。
しかし、そのプレッシャーは半端ないです。
治せなかったら、井関はたいしたこと無いなと言われてしまうからです。

その患者様がいらっしゃいました。
仮の蓋を取ってみると、やはり大出血で何も見えませんでした。
なんとか出血を止めると、根の中に巨大な穴が空いておりました。
そして、得意な?大好きな?MTAセメントでこの穴を埋めました。

そうすると度々歯茎が腫れていたと言ってた部位が、一切の症状がなくなったと言っていただけました。

その後、樹脂で土台を立て、ジルコニアというセラミックの被せ物をしました。

正直、ここまで歯に穴が空いていれば抜歯という選択肢が普通だと思います。
しかし、MTAセメントを用いればもしかしたら治癒する、もしくは延命が出来る可能性は高いと思います。逆に、MTAセメントが無ければ出来ない治療だと思います。

実際どれくらいもつのか?という予後に関しては現時点では申し上げることは出来ませんが、同じ様な状態の方がいらっしゃても、いきなり抜歯という事態は避けられると思います。

やはりMTAセメントは素晴らしいです、凄いです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

側枝って何?

こんにちは、井関です。

歯の中には、神経と血管の通り道である「根管」が存在します。
そして、根管には必ずと言って良いほど横道が存在します。
それを「側枝」と言います。

今回はこの「側枝」について話をしたいと思います。 イメージとしては下の図の様な感じです。

まず、なぜ側枝があるのかというと、歯が出来るときは歯の頭(歯冠)からできていって、だんだんと根っこ(歯根)が出来ていきます。
その過程で血管の一部が取り残されてしまった部分が側枝になるのです。

イメージ図でははっきりと分かる様になっていますが、実際は側枝はものすごく細くてマイクロスコープを使っても見えません。
(稀に太い側枝もあって見えることもあるそうですが、私は一度も見たことはありません)通常であれば、側枝があろうと問題がないのですが、そこが感染ルートになってしまうと厄介なのです。

では治せないのでしょうか?

下のレントゲンをご覧ください。

黄色矢印の先に黒い影があります。ここは通常出来る根尖病変ですが、 根の横の赤矢印の先にも黒い影がありますよね。ここが側枝からの感染による病変です。

おそらくですが、青矢印のあたりのどこかに側枝があるわけですが、レントゲンでも見えません。 ちなみにこのレントゲンは治療後です。根管内はMTAセメントで根管充填されています。
側枝があると思われるところに何も入ってないことが分かるかと思います。
そうです、側枝は一切触ってないのです。

側枝を触らなかったけど、どうなったのでしょうか?
11ヶ月後のレントゲンです。

矢印の先にあった黒い影(病変)は無くなっていますね。

結論は、主である根管をしっかり治せば、副である側枝、及びその先の病変は自然に治るというわけです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

世界の根管治療の費用

こんにちは、井関です。

先日、名古屋で開催された講演会に行きまして、そこで根管治療のレジェンドである寺内先生の話を聞きました。

根管治療のテクニックや私の大好きなMTAセメントの話があったのですが、その前にまず経済の話をしますと言って講演が始まり、その内容というのが歯科業界にいる自分でさえ、「へー、世界はそうなんだ。日本の歯科界は世界と比べるとこんなにも差があるのか」と衝撃を受けました。

世界には根管治療だけを行う歯科医師はたくさんいます。
日本にも数は少ないですが根管治療専門医と言われ根管治療のみを行う歯科医師はいます。しかし、その先生たちは、全て自費でしか治療をしていません。

もし仮に全て保険治療でやったらどうなるでしょう?

間違いなくすぐにその歯科医院は潰れます。

何故でしょう?

それは根管治療の保険点数は特に低いのです。

この話は当院でも最初にいらした患者様には必ずさしていただくのですが、日本では国民健康保険というものが存在し、保険料を払えばどんな人でも一定基準の治療を日本中どこでも受けられます。
これはこれで素晴らしい制度だと思います。

例えば奥歯の根管治療であれば、およそ9000円です。
この9000円は医院が得られる金額で、3割負担の人であれば2700円の支払いになります。1割負担の人であれば900円で済むわけです。

では、世界はどうなんでしょう?

アメリカでは一般の歯科医師であれば10〜15万円、根管治療専門医だと20万円以上で有名先生であれば30〜50万円

イギリスは10万円

日本より後進国と思われているマレーシアでも日本の保険治療と同じ治療をして8万円

いかに日本の保険治療の費用が安いかがわかると思います。

私は、世界で一番高い費用なのは当然アメリカだと思ってたのですが、寺内先生の話だと、違ったのです。

いったいどこの国だと思いますか?

答えは香港です。

ビックリしました!
なんと、27万円だそうです。
香港のトップの先生が27万円ではなく平均で27万円だそうです。

そうなると香港では日本と同じことをしても30倍の収入になるわけです。
逆に考えると同じ収入を得るためには、香港の先生が1人の治療している間に日本では30人を治療しないといけないわけです。
物理的にどうやってもこれは不可能ですよね?

そうなるとその差はどこに出るでしょう?

治療の質です。つまり成功率に差が出てきます。

例えばアメリカの根管治療の成功率は楽に90%を超えてきます。
日本ではというと?
たったの45%です。

しかも再治療であれば、更に成功率は下がります。

当院が目指すところも、当然ながら世界基準の治療です。
世界基準の治療をするためには、設備、技術、知識が必要です。
そして、どうしても時間が必要なのです。

昨年よりウケデンタルオフィス神谷町院は保険治療をやめ自費治療だけを行うようにしました。
それは何よりも患者様の歯を治したいからです。
ご理解を頂きたく思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

長くて太い土台は取れないのか?

明けましておめでとうございます、井関です。
本年も宜しくお願い致します。

今回の話をする前に、
先日、ホームページを作製していただいてる会社から
このブログはひと月に何人の方に見ていただいているか、知ってますか?
と言われました。

正直、あまりそういうことを考えないで今まで書いてきましたが、言われると確かに気になるは気になります。

多い時でひと月に600人弱の方が閲覧しているらしいです。

私としてはそんなに多くの方に読んでいただいているとは思っていませんでした。

たまに読んでますよとか、このブログを見て来院しました、という方もいらっしゃって、そういう時は非常に嬉しいです、励みになります、感謝感謝です。
ということで本年も引き続き頑張って書いていこうと思います。


さて、今回は久しぶりに根管治療の話をします。

私が歯科医になりたての時からたびたびこの様な話を患者様から聞きました。

「この歯には、長くて太い金属の土台が入っていて、この金属の土台を取ろうとすると歯が割れてしまうので、治療ができません。なので抜歯です。」
と他の歯医者さんで言われた、と。

確かに長くて太い金属の土台を除去するのは難しい治療と思います。
ほんの少しでも操作を間違えれば、歯を割ってしまったり歯の根に穴を開けてしまったりします。
しかし、自慢では無いですが、いや自慢ですが(笑)、私は歯科医になってから一度も
長くて太い土台であっても除去できなかったり、歯を割ってしまったことはありません。

では、どの様に治療を行ったかというと、
地味ーに少しずつ少しずつ金属の土台を削って、少しでも心配ならレントゲンを撮ってと手間暇惜しまずかけて除去したのです。

この方法は物凄く時間がかかりますし、物凄く根気が必要です。
歯の治療はどんな治療でも基本的にきちんとやろうとすればするほど時間はかかるし根気が必要なものです。
しかし、やはり治療は速く出来るのなら速い方が良いですよね?

そこで、あるテクニックが最近世間(歯科界というか根管治療の世界で)を席巻していますので、是非ご覧頂きたく思います。

それは「ダブルドライバーテクニック」と言われています。
大阪の根管治療の専門の先生がこの方法を発明しまして、以下の写真の様にマイナスドライバーを2本使ってテコの原理を用い金属の土台を除去します。
このダブルドライバーテクニックでこの先生は脚光を浴びました。
画期的なテクニックをと言えると思います!

80%以上この方法で金属の土台は除去することが可能です。
先ほども言いましたが、この方法はここ数年で根管治療の世界で脚光を浴びているのですが、実は私はもっと前から行っていました。 何故か?

実は院長(宇毛先生)が10年以上も前からこの方法で金属の土台を除去していたのです。それを私は教わっていたからです。本当にこのテクニックは凄いです。院長も凄いと思います。
歯を全く削らず、しかも短時間で出来るのです。症例にもよりますが、だいたい数分でできます。以前の様に地味ーに削っていく方法だと20分以上かかったものです。

この様なテクニックというのは、なかなか本に載っていたり講習会で教わったりしません。発想で生まれるものです。
発想というのは、知識と経験から生まれるものだと私の最初の師匠が口酸っぱく言っていました。まさにこの方法は知識と経験から生まれた物だと思います。
経験は長く歯科医をやっていれば積まれるものですが、知識はその都度アップデートしていかなければ積まれるものではありません。

現状に満足することなく、常に知識をアップデートし上を目指し、今年も研鑽を積んでいきたいとスタッフ一同思っておりますので、本年もよろしくお願い致します。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

特殊な根管 続

こんにちは、井関です。

今回は、前回に引き続き非常に珍しい症例を紹介させていただきます。

前回紹介した歯は上顎大臼歯ですが、下顎の大臼歯も根管治療をよく行います。
上顎の大臼歯の第一大臼歯と第二大臼歯はかなり似ている形をしています。
第三大臼歯(親知らず)は様々な形をしています。
下顎の大臼歯も、第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯(親知らず)とありますが、上顎に比べ、各歯牙で形が違います。

似ているようで似てないんですね。
よって、根の形や数、根管の数も違ってきます。

今回は下顎第一大臼歯に絞ってお話しさせていただくのですが、下顎第一大臼歯は下の図のように2根で3根管であることが多いです。

しかし、たまに3根4根管のことがあります。

下顎第一大臼歯の根管

青矢印の先の黒い部分が根管です

先日、学会にいきましてその報告によると、欧米人はほとんど2根3根管で、3根4根管はアジア人に多いらしいです。

日本人では3根4根管は約28%と4歯に1歯なわけなので、そう珍しくはありません。

しかし、先日50代の男性の下顎第一大臼歯で非常に珍しい形態に遭遇しました。

術前のCTで3根であることはわかっていましたが、赤矢印の根の形がちょっと楕円形を呈していました。

非常に珍しい形態をもつ下顎第一大臼歯

ん?なんか通常の形とは違うなと思いながら、根管治療をしていると、
やっぱりおかしい。

マイクロスコープで見ていると遠心頬側根に根管が2つ(黄色矢印)あることが判明しました。

初めて見ました。多くの歯科医師がもしかしたら一生出会う事がないくらい、珍しい形態です。

CTとマイクロスコープがなければ、きっと治療を成功に結びつけることは出来なかったと思います。
改めて、CTとマイクロスコープの凄さというか、有り難みを感じました。

珍しい根管治療症例

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

特殊な根管「MB3」

こんにちは、井関です。
今回は非常に珍しい症例を報告させていただきます。

当院において上顎第一大臼歯、第二大臼歯の根管治療は非常に多く、毎日の様にこれらの歯の治療を行っています。
なぜ、これらの歯の治療が多いかと言いますと、一つの特徴があるからなのです。
上顎大臼歯は通常、近心頬側根、遠心頬側根、口蓋根という3つの根があります。
そして、一つの根に対し根管は1つであることがほとんどなのですが、
唯一、3つの根の中で近心頬側根では、一つの根に対し2つの根管があることが多いのです。

一つを近心頬側根管(MesioBuccal root canal)通称MB、もう一つを近心舌側根管(MesioLingual root canal)通称ML、もしくはMB2と言います。
どちらかというとMB2と言われることが多いので、この後もMB2と表記させていただきます。

で、MBはマイクロスコープを用いなくても簡単に見つかるのですが、MB2が問題なのです。
このMB2見つかるときは、裸眼でも簡単に見つかるのですが、見つからないときは、マイクロスコープを用いても見つけることが非常に困難なことが多いのです。
なので、マイクロスコープを使わないで治療をされている医院では見落とされてしまうことが多いのです。

そうなると、見落とされたMB2は治療されないわけです。
当然そこに感染があると治らない。
しかし、見つけることは困難。(マイクロスコープを使っても)

そこで登場するのがCTです。

ここで知っている人は知っている一つの法則があります。
これを知っているとMB2が簡単に見つかるのです。
企業秘密ですが、発表しちゃいましょう!(笑)

根の中に根管があるわけですが、根の中に一つの根管しか無い時は必ず根管は根の中心にあるのです。もし、一つの根管が根の中心にないときは、ほぼ100%もう一つ根管があるのです。

左のCTを見て下さい。

隠れた根管

治療されてる根管が赤矢印の方にあることがわかると思います。
しかし、根の中心に無いですよね?中心より右側に寄っていることがわかると思います。右のCT(断面図)でもわかると思います。
こういう時は、必ず左側の方にもう一つ根管(MB2)があるのです。
何となく黒い筋(黄色矢印)があるのが分かると思います、これがMB2です。

しかし、先日いままでに見たことの無い症例に出会いました。これです。

珍しい根管MB3の断面図

MB3発見!!!

珍しい根管MB3

つまり一つの根に3つの根管があったのです。
長いこと歯科医をやってますが、初めて見ました。
講演会や本でMB3があるということは知っていましたが、出会うことができるとは。ビックリと共にちょっと興奮しました。

おそらくCTだけでも、マイクロスコープだけでも、どちらか一方しか持ってなければ発見出来なかったと思います。
両方が揃ったことによって、発見出来た症例だと思います。

あらためて、CT、マイクロスコープの凄さを実感しました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

根管充填材(バイオセラミックとは?)

こんにちは、井関です。
今回はかなりマニアックではあるのですが、根管充填材の話をしたいと思います。

根管治療がなされて、痛みや歯ぐきの腫れがなくなって、
もう問題が無いなとなったら、最後に「薬をつめますね」と言って何かを詰めるのですが、 一体何を詰めていると思いますか?

は?薬を詰めると言ってるんだから、薬じゃないの?
と、思われるでしょう。

通常、根管治療において詰める薬と言ってるものは、正確には薬ではありません。
ガッタパーチャと言われる熱帯の木から産生される樹脂を詰めているのです。

ガッタパーチャは1845年に海底ケーブルに使われたり、ゴルフが好きな方はご存知かもしれませんが、ゴルフボールに使われて、ゴルフボールが安価になりゴルフが広まったとも言われています。
歯科では、1847年に使われ始めたという歴史があり、1887年に製造を開始し始ました。

現在、成分はこのようになっています。
ガッタパーチャの成分

ガッタパーチャは20%くらいしか使われてないんですね。
大部分を占めるのは酸化亜鉛というものなのですが、通称ガッタパーチャと呼ばれています。

ガッタパーチャ

こんな風にピンク色をしています。
もう少しオレンジっぽい色をしているものもあります。
そして棒状というか針状の形態をしていて、これを根管の太さに合わせて何本も根管の中に詰めていくのです。

先ほども言いましたように、ガッタパーチャは1847年に歯科で使われ始めたので、今年でなんと!170年!
非常に歴史があるものなのです。
なので、たいていはガッタパーチャを詰めれば治るのですが、どうしてもガッタパーチャを詰めるだけでは治らないというケースもあります。

少し前までは、そこで抜歯となったわけですが、ここでブログでも何度も出ているMTAセメントの登場により治せないケースが治るようになりました。
MTAセメントはガッタパーチャと違い、殺菌作用、硬組織誘導能等という薬効があります。それ故に治るのです。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
MTAセメントについての詳細はこちら

mtaの種類

現在、MTAセメントはこのようにたくさんの種類があります。
当院で使用しているのは左上の赤丸で囲っている、「Pro root MTAセメント」です。
Pro root MTAセメントは世界で最初に作られたMTAセメントで、他のMTAセメントはこのPro root MTAセメントの後発材料です。

そして最近はバイオセラミックと呼ばれる材料が出てきました。

稀ではありますが、当院へ
「そちらではバイオセラミックを使ってますか?」という問い合わせがあります。
「使ってますよ、MTAセメントという物を」というと、
「いや、MTAセメントではなくてバイオセラミックを使ってますか?」と言うのです。

で、このブログを読んだ方には覚えていただきたいのですが、
Pro root MTAセメントの後発材料で特に米国のBrasselar社が販売している製品をバイオセラミックと呼ぶことが多い為、Pro root MTAセメントとバイオセラミックは違うものと勘違いされやすいのです。
正確にはバイオセラミックの中にPro root MTAセメントも含まれます

では、バイオセラミックとは何なのでしょう?
簡単に言えば、生体に用いられる非金属無機材料です。

「人間は金属や合成高分子材料で構成されていない為、これらの材料が体内に入ると瘢痕組織を形成し、拒絶反応を起こします。 でも骨は拒絶反応を起こしません。
骨はカルシウム水和物、リン酸成分及びハイドロキシアパタイトが含まれます。
したがって、生体に入れる材料がハイドロキシアパタイトの層を体内で形成することができれば拒絶反応を起こさずに済む」
という仮説を立てて、1960年代後半から研究が始まりました。

そして現在、バイオセラミックは歯科だけではなく、医科の様々な分野で使用されています。 むしろ、医科の世界の方がはるかに進んでいます。

例えば、人工骨、人工関節、人工臓器などに使われています。
また、ガン治療用材料としても使われています。

では、Pro root MTAセメントより後発材料の方が良いのでは?と思われるでしょうが、 まだ、研究段階や、エビデンスが集まっていない物が沢山あります。

Pro root MTAセメントはたくさんのエビデンスがあり、もっとも世界中で持ちいられてるバイオセラミックなのです。

正直、新しく出てきているバイオセラミック材料を使ってみたいとは思いますが、
やはり論文や実績(エビデンスレベル)がたくさん出てこないと信頼できないので、
まだ使用するには尻込みしている状況です。

医学は日進月歩です。
何年かしたら、全く違う材料が出てきてそれを使っているかもしれません。
しかし、現在において、いまだ論文数、エビデンスレベルでPro root MTAセメントを超えるバイオセラミック材料はありません。

当院では、根管治療だけでなく、全ての治療においてエビデンスレベルで正しいと思われる最新の治療を歯科医師、衛生士も含めて当院を訪れて下さっている方々に提供できるよう日々研鑽しております。

MTAセメントについての詳細はこちら

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > 精密根管治療 Archive

Search
Feeds

Return to page top