自由診療である理由

ウケデンタルオフィスは、自由診療(保険外診療)を中心とした歯科医院です。

患者様からは「なぜ自由診療が中心なのでしょうか?」という質問をいただきます。結論から申しますと「より良い歯科医療を提供したい」からです。しかし、これだけでは完全には理解していただけないだろうと思います。

我が国の医療水準が高いというイメージもあり、なんとなく「保険の範囲内でできる治療であれば保険診療でやってくれた方が良いのではないか?」と感じていらっしゃる方も多いでしょう。しかし実のところ、個々のケースに対して「最善の」治療を行う、あるいは予防として万全の処置を行うとなると、保険という制度では困難なのです。

なぜ自由診療なのか?

保険診療は、あくまでも最低限の治療を行うもの

かかった医療費のうち、3割の負担で治療を受けることができる保険診療が始まったのは1961年のことです。同年、公的医療保険制度(国民皆保険制度)が施行され、貧富の差がなくすべての国民が平等に医療を受けられるようになりました。

現在、私たちが風邪を引いたり、高熱が出たりしても、お金の心配をすることなく病院にかかることができるという点では、ありがたい制度です。

しかしながら、保険診療の基本となる考えは、あくまでも「疾患に対して最低限の治療を行う」というもの。保険診療では、治療法や使用できる機器・材料に限りがあります。様々な制約があるため、原則として予防処置はできませんし、不確定要素の高い診療行為は認められません。

保険診療による歯科治療の限界

もう一つの問題は、保険診療では患者様一人一人に十分な説明の時間を設けること、治療に対する希望や不安をよく聞いて治療のゴールをきちんと共有することなどが難しい状況が生まれているという点です。

保険診療で使用できる詰め物・かぶせ物は自由診療に比べ精度が低くなることが多く、その隙間で虫歯菌が増殖してしまうこと(二次虫歯)が問題になっています。つまり、保険診療によって新たな疾患が引き起こされる(医原性疾患の原因となる)恐れがあるのです。

また、保険診療は報酬が低いため、保険診療によって歯科医院を経営するためには、一定時間内にできるだけ多くの治療をこなす必要が生じます。
なお、この報酬(点数)は歯科医師の技術ではなく処置内容によって決められています。「最善の治療」も「”及第点”な治療」も「歯科医1年目の治療」も「専門医の治療」も、処置内容が同じならば同じ点数(同じ報酬)です。

結果として多くの歯科医院で、時間をかけ、器材にもこだわった、高い技術レベルの歯科治療をご提供することは難しくなっています。こうした状況は、患者様にとっても歯科医院にとっても無益です。

より良い歯科医療を提供するために

一人一人にとって最善の治療は異なる

ウケデンタルオフィスでは、より良い歯科医療を提供するために何よりも必要なのは、十分な時間をかけて患者様の話を聞くことだと考えています。そのため、これまでの経緯や今後どうしたいのかなど、患者様のご希望を詳しく伺います。

最先端の治療が最善の治療とはかぎりません。それぞれの患者様が抱えているご事情(時間、経済、身体、環境など)により、その方にとっての「最善」の治療方法は変わってきます。

もちろん、ただお話を伺うだけではなく、「なぜそのような状態になったのか?」を明らかにするための検査も必要です。

当院では、顎関節・咀嚼筋・噛み合わせ・根管・歯周組織・歯槽骨など、マイクロスコープを使用して各歯牙を多方面から検査し、原因の追求を行います。原因を究明することなく闇雲に治療を行えば、極めて高い可能性でまた元の状態に戻ってしまうからです。

続いて治療計画を立案し、その内容を丁寧に説明します。
また、症状が重度で複雑な要因を持つ場合は、その分野における専門家と連携してチームアプローチを行うことで最善の医療を提供します。

十分な時間をかけて患者様のお話を伺うことができ、マイクロスコープを使用した検査や専門家との連携をもって、最善の治療計画を立案できるのは、自由診療だからこそです。

優れた器材の力を引き出す技術を重視

ただし、時間と最良の器材があれば最善の治療をご提供できる、というわけではありません。最も重要なのは「技術」です。

例えば、巷ではよくオールセラミックスの価格が安価で宣伝されていますが、素材だけを安価で手に入れても、それはほとんど無意味です。
オールセラミックスという材料の特性を活かすためには、オールセラミックスを使用するための精度の高い歯の形成・型取り・噛み合わせの調整を行う必要があります。そうして初めて、オールセラミックスならではの長期的な耐久性と審美性を獲得できるのです。

根管治療においても同様です。CTやマイクロスコープを使用しさえすれば良い、というわけではありません。CTを読影する能力と、マイクロスコープを扱う能力がなければ根管治療は成功しません。
お口の中全体を見て、全顎的に診査診断する力。枝を見るのではなく幹を見る力。なぜ枝がそうなったのかを分析する力。これらが伴って初めて、最善を尽くすことができます。
原因の追求を行い、顎関節・歯列・神経筋機構の調和を考えた噛み合わせを付与することで、治療の効果が永く続くのです。

当院ではこのような考えのもと、技術に立脚した自由診療専門の医療機関として、一人一人にとって「最善」の治療を提供しています。

まずは初診カウンセリングへ

当院はカウンセリング後に治療計画へご同意いただいてはじめて治療を開始します。
初めての方でも安心していただけるように30分から60分の長めのカウンセリング時間を設けておりますので、ご不安・ご不明な点についてまずはお気軽にご相談ください。

カウンセリング予約から治療までの流れ

カウンセリング予約

keyboard_arrow_up TOP