費用について

ウケデンタルオフィスで行う歯科治療の費用やお支払い方法について、詳しくご紹介いたします。全ての費用は事前に御見積をさせていただき、明確にご提示いたします。

自費診療料金表

※再診料・リテーナー・調整料を含みます。治療期間の長短では、料金は変わりません。

歯科ドック・精密歯科検診の料金

全工程の合計 ¥47,600

歯科ドックの工程

1回目:カウンセリング

2回目:各種検査(レントゲン検査・歯周精密検査・CT検査・口腔内診査[全20項目])

3回目:検査報告

歯科ドック・精密歯科検診


歯周病レーザー治療の料金

治療終了までの総額
※症状により異なります
¥153,200~¥474,000

各種レーザー歯周病治療料金

レーザーの種類は、医師が症状に合わせてご提案します。

炭酸ガスレーザー 検査費用¥10,800
¥35,600×6回=¥213,600
合計¥224,400
PDT+炭酸ガスレーザー 検査費用¥10,800
¥52,200×6回=¥313,200
合計¥324,000
エルビウムヤグレーザー 検査費用¥10,800
¥65300×6回=¥391,800
合計¥402,600
ペリオスコピー(またはマイクロスコープ)+エルビウムヤグレーザー 検査費用¥10,800
¥77,200×6回=¥463,200
合計¥474,000
回数目安
  • 軽度:1~4回
  • 中度~重度:6回前後

※6回の患者様の場合、口腔内を6ブロックに分けて治療を行います。


歯周病レーザー治療


歯周整形治療の料金

歯周整形治療費用目安 ¥129,600~

歯周整形治療


精密根管治療

前歯 ¥108,000
小臼歯 ¥129,600
大臼歯 ¥151,200

※状態によって費用は前後します

精密根管治療


審美歯科の料金

ホワイトニング(上下20本の歯)

オフィスホワイトニング(1回) ¥32,400
ホームホワイトニング ¥32,400
ホームジェル4本 ¥5,400

ホワイトニングコースプラン

オフィスホワイトニング(1回)+ホームホワイトニング ¥64,800
オフィスホワイトニング(2回)+ホームホワイトニング ¥75,600
オフィスホワイトニング(3回)+ホームホワイトニング ¥97,200

補綴物

自費コンポジットレジン ¥10,800~
¥32,400
ラミネートベニア ¥108,000~
メタルセラミックス(非金属系合金)
※パラジウム・銀などを主成分とする合金にセラミックスを焼き付けたもの
¥97,200
メタルセラミックス(貴金属系合金)
※ゴールド・白金などを主成分とする合金にセラミックスを焼き付けたもの
¥151,200
オールセラミックス
¥162,000
仮歯 ¥3,300~
セラミックインレー ¥108,000
ニケイ酸リチウムインレー ¥86,400
ジルコニアインレー ¥108,000
14Kインレー ¥43,200~

審美歯科


審美インプラントの料金

インプラント診査関連

インプラント診断料 ¥18,400
CT撮影 片顎:¥21,600
両顎:¥26,000
画像解析、プランニングソフトによる解析 片顎:¥16,200
両顎:¥32,400

インプラント手術関連

静脈内鎮静 ¥86,400
インプラント手術 comlog:¥216,000
straumann, conelog:¥237,600
ジルコニアインプラント手術 straumann®Pure:¥280,800
GBR技術料 ¥216,000
サイナスリフト技術料 ¥216,000

上部構造

メタルセラミックス(非金属系合金)
(パラジウム・銀などを主成分とする合金にセラミックスを焼き付けたもの)
+チタンアバットメント
¥162,000
メタルセラミックス貴金属系合金
(ゴールド・白金などを主成分とする合金にセラミックスを焼き付けたもの)
+チタンアバットメント
¥205,200
オールセラミックス
(ジルコニウム、アルミナなどのコーピングにセラミックスを焼き付けたもの、
またはジルコニア単体)+ジルコニアアバットメント
¥226,800

審美インプラント

お支払い方法

治療費のお支払いには、現金だけではなくクレジットカードやデンタルローンもご利用いただけます。


クレジットカード

各種クレジットカードでお支払いいただけます。


デンタルローン

デンタルローンはクレジットカードのリボ払いや分割払いよりも利息が低くなることが多いため、分割でのお支払いをご希望の方におすすめです。

ご利用可能額 10万円~800万円(1万円単位)
※500万円を超える場合には、収入証明書が必要です
利率 年7.0%~11.0%(固定金利)
※審査により決定します
返済回数 6回以上120回以内

※デンタルローンのご利用には、当院提携銀行による審査が必要です。詳細はお問合せください。

医療費控除について

医療費控除とは?

1年間に支払った医療費が10万円を超えた方を対象とした、税金の免除制度です。
確定申告による申請が必要になるほか、様々な基準が定められていますが、適用されると歯周病レーザー治療や精密根管治療などの治療費用の支払い時に納めた税金の一部が戻ってきます。


医療費控除の対象となりうるもの

医療費控除の対象としての医療費には、医療機関で支払った料金以外も含みます。
具体的には、下記のような費用です。

  • 診察費(審美歯科は除く)
  • 処方箋・処方薬
  • 市販の医薬品購入費用(必要性が明らかなもののみ)
  • 通院時の交通費(タクシーまたは公共交通機関を使用した場合のみ)

医療費控除を受ける場合には、上記の支払いを証明する領収書を紛失されないようご注意ください。


医療費控除の対象となる方

医療費控除を受けるには、1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費が合計で10万円を超えている必要があります。

なお、医療費はご家族と合算して申請できますので、一人ひとりの医療費額が少ない場合でも、合計で10万円を超えていれば控除対象となる可能性がございます。


医療費控除の計算式

医療費控除の額は、下記の計算式で算出できます。

数式1 (年間医療費-保険金等)-(※合計所得×5%)=医療費控除額(最高200万円)
※(合計所得×5%)は10万円が限度

ただし、この計算式で算出した医療費控除額がそのまま戻ってくるわけではありません。実際に手元に戻る金額は、下記の計算式で算出します。

数式2 医療費控除額×所得税率=実際に戻ってくる金額

所得税率は、課税対象となる所得の金額に応じて変わります。5%~45%まで7段階に分かれており、所得金額が高いほど増えます。


医療費控除の適用例

年収700万円の方の医療費が50万円だった場合

数式1 医療費控除額:50万円-10万円(※)=40万円
※(合計所得×5%)が35万円となるため、限度額である10万円が適用される
数式2 実際に戻ってくる金額:40万円×23%=9万2千円

年収(=所得金額)が700万円の方の場合、所得税率は23%です。そのため手元には9万2千円が戻り、実質的な負担額は40万8千円となります。

※所得税率は変更になる場合がございます。詳細は国税庁のホームページをご参照ください。


医療費控除のポイント

前述しましたように、医療費はご家族と合算して申請することができます。ご家族のうち、所得税率が高い方が申請すると控除される金額が増える可能性もございますので、ぜひご家族でご相談ください。
なお、確定申告をしていない場合は、医療費控除は最長で5年前までさかのぼって受けることができます。

また、医療費控除を受けるために確定申告を行うと、住民税も安くなります。ただし、安くなった住民税が適用されるのは翌年6月です。すぐに反映されるわけではありませんので、ご注意ください。

まずは初診カウンセリングへ

当院はカウンセリング後に治療計画へご同意いただいてはじめて治療を開始します。
初めての方でも安心していただけるように30分から60分の長めのカウンセリング時間を設けておりますので、ご不安・ご不明な点についてまずはお気軽にご相談ください。

カウンセリング予約から治療までの流れ

カウンセリング予約