ごあいさつ

医療法人社団 ウケデンタルオフィス 神谷町院院長 宇毛玲

歯科医師として22年。お蔭様で全国からのご来院、お問合せをいただく機会が年々増えてきました。その中で最も多いお問合せは、掛り付けの医師から抜歯宣告をされた方で「抜かずに治療することは出来ませんか?」という内容です。
技術的に難易度が高く、治療後に不安が残る処置を避ける意味での安易な抜歯、インプラントを勧められているケースが多々あるようです。しかし、天然の歯に勝るものは存在せず、患者様が望む限り、保存可能な歯を残すに越したことはありません。
きっとその医師もご自身の家族に対してはこのような安易な選択はしないはずです。
当院では現代歯科医療の技術の枠を尽くし、最高の治療、心の通い合うきめ細やかな診療方針を基に取り組んでいます。

医療法人社団 ウケデンタルオフィス
神谷町院院長 宇毛玲

経歴

1992年 明海大学歯学部 卒業
1994年 山の手歯科医院 院長
2000年 東京八重洲クリニック 院長
2005年 ウケデンタルオフィス 開院

所属学会

  • 東京SJCD会員
  • 日本歯周病学会会員
  • OJ正会員
  • EAO Active member
  • アジア口腔インプラント学会認定医
  • ノーベルバイオケアメンタープログラム講師 (2006年)
  • デンツプライフリアデント社ザイブ公認インストラクター (2012年)
  • カムログインプラント オフィシャルアドバイザー (2013年〜)
  • カムログインプラント アカデミーメンバー (2013年〜)
  • SJCDベーシックコースインストラクター
  • 日本臨床歯科医学会認定医

講演実績

  • 2017年10月
    Oral Reconstruction Symposium JAPAN 「前歯部審美領域における診査診断、プランニング」
  • 2017年7月
    OJ 2017年 年次ミーティング 「Which augmentation materials should be chosen for GBR」
  • 2017年6月
    3rd Asia Pacific Study Clubs Conference in Taiwan 「Three Dimensional Augmentation for Esthetic Zone」
  • 2017年3月
    東京SJCD第三回例会 「上顎両側中切歯欠損に対して歯間乳頭の再生を考慮してGBRを行った症例」
  • 2017年3月
    CAMLOG Education Program 2017 「前歯部審美領域インプラントを成功させるための3日間コース」
  • 2016年4月
    CAMLOG Education Program 2016 「前歯部審美領域インプラントを成功させるための3日間コース」
  • 2014年7月
    OJ 2014年 年次ミーティング 「Esthetic consideration for implant therapy」
  • 2014年6月
    日本歯科放射線学会第55回総会・学術大会 「インプラント埋入における審美・機能・予知性確保のための、最適なポジショニングとは- CT画像から、コンピューテッドサージェリーガイドを用いたプランニングにて、外科方針・ 補綴設計までを考察する -」
  • 2013年7月25日
    4th National Camlog Congress 「Individual Solution for Esthetic 」
  • 2013年5月26日
    ザイブインプラントシステム 外科テクニックコース
  • 2012年7月
    OJ 2012年 年次ミーティング 「multiple missing teeth associate with vertical defect challenged esthtic outcomes」
  • 2012年5月
    東京SJCD第1回例会 「multiple missing teeth associate with vertical defect challenged esthtic outcomes」
  • 2012年2月
    OJ ミッドウィンターミーティング2012 「Soft and hard tissue Management for Esthetic zone.」
  • 2011年6月
    Dentsply Friadent Symposium in Taiwan 「Soft and Hard tissue management for Esthetic zone.」
  • 2010年3月
    東京SJCD第三回例会 「GBRを用いて審美的回復を目指している症例」
  • 2008年10月
    AIAI ANNUAL MEETING 2008」 「審美領域におけるインプラント治療-その生物学的原則と臨床的パラメーター」
  • 2008年3月
    東京SJCD第3回例会 「審美的回復を目指したHard tissue management」
  • 2007年7月
    東京SJCD 第1回ステップアップミーティング 「インプラント治療において審美的回復を目指した症例とその予後」
  • 2005年10月
    アジアインプラント学会 「ティッシュパンチを応用したフラップレス手術を伴う即時負荷インプラントの症例報告」

論文

  • 宇毛玲
    「今選択すべきGBR材料について」
    『別冊 Quintessence DENTAL Implantology Osseointegration study club of Japan 16th meeting 抄録集』
    クインテッセンス出版
  • 宇毛玲
    「上顎前歯部欠損における適切な歯間乳頭形成のための垂直的骨増生プロトコール」
    『Quintessence DENTAL Implantology Vol24 No4』
    クインテッセンス出版,2017年
  • 宇毛玲
    「診査・診断,治療計画とマテリアルセレクション」
    日髙豊彦 編『補綴臨床別冊 長期経過を実現するオールセラミックレストレーション』
    医歯薬出版,2016年05月
  • 宇毛玲
    「Esthetic Consideration for Implant Therapy-インプラント周囲の予知性を向上させるキーファクターについて」
    『別冊 Quintessence DENTAL Implantology Osseointegration study club of Japan 13th meeting 抄録集』
    クインテッセンス出版,2015年
  • 宇毛玲
    「下顎前歯部審美領域におけるカムログインプラントシステムの臨床応用」
    『別冊 the quintessence インプラントYEAR BOOK 2014』
    クインテッセンス出版,2014年
  • 宇毛玲
    「垂直性骨吸収を伴う多数歯欠損に対して審美的回復を目指した症例」
    『別冊 Quintessence DENTAL Implantology Osseointegration study club of Japan 11th meeting 抄録集』
    クインテッセンス出版,2013年
  • 宇毛玲
    「多数歯欠損、重度骨吸収における、硬軟組織のマネージメント」
    『別冊 the quintessence インプラントYEAR BOOK 2011』
    クインテッセンス出版,2011年
  • 宇毛玲/大畠一成
    「ラボサイドとの連係に基ずくテイッシュパンチ応用の即時荷重インプラント症例-患者負担を低減できるフラップレスでのインプラント埋入と、そのための技工術式-」
    『The Journal of dental technology Vol.34 No2』 p.246-257
    医歯薬出版,2006年2月
  • 宇毛玲/大畠一成
    「抜歯後即時負荷インプラント臨床の実際とその実践的情報に基づくラボサイドとの連携」
    月刊『QDT』2005年7月号,p.34-p.44
    クインテッセンス出版
  • 宇毛玲
    「Xiveインプラントシステムを用いて」
    『DS News Vol.01 Autumn 2005』
  • 大畠一成 著
    「新素材PFSハイブリッドタイプ歯冠用硬質レジン "セラマージュ"の臨床上の優位性(前編)」
    月刊『QDT』2004年1月号
    クインテッセンス出版 へ症例写真提供

まずは初診カウンセリングへ

当院はカウンセリング後に治療計画へご同意いただいてはじめて治療を開始します。
初めての方でも安心していただけるように30分から60分の長めのカウンセリング時間を設けておりますので、ご不安・ご不明な点についてまずはお気軽にご相談ください。

カウンセリング予約から治療までの流れ

カウンセリング予約